fc2ブログ

ビニール凧作り

正月の伝承遊びと言えば凧あげですね。
子どもたちは寒くても外遊びが大好き。
1月はひたすら凧を作って凧あげを楽しみました。

凧は透明ビニール袋で製作。

準備する物
・透明ビニール45㎝×35㎝
・タフロープ
・厚紙
・マジック
・タコ糸
・セロテープ

ビニール凧
DSC_1618 (640x480)
油性マジックで絵を描きました。
タフロープでしっぽを作りました。
骨組みには厚紙を使いました。

子どもたちの作品
DSC_1619 (480x640)

DSC_1620 (640x480)

DSC_1623 (480x640)

作り方 ①ビニールに絵を描いた後、細く切った厚紙を斜め十字に端から端へセロテープでとめる。
    ②上部は厚紙を端と端のみセロテープで固定し、凧紐を両端に結び少し湾曲させる。
    ③十字の所にタコ糸を通し、上部隅の2箇所も少し長めの凧糸で結び 凧糸を一つに縛る。

完成凧
DSC_1709 (640x480)
軽いので風が吹くと舞い上がり高く飛ばすことが出来ました。

低学年用に半分サイズのシンプルで簡単なビニール凧も作って見ました。

作り方はこちらの動画を参考にしました。
即席凧あげ

準備する物
・A4のコピー用紙
・透明ビニール
・タフロープ
・凧糸
・油性マジック
・厚紙(ストロー)
・セロテープ

凧型紙
作り方 ①A4のコピー用紙を立てに3等分、横に4等分の折筋を付ける。
    ②赤い線より外側を切り取り、ビニールの上にのせ型を取る。
    ③ビニールにマジックで絵を描く。
    ④下側にタフロープでしっぽを付ける。

凧2
    ⑤5mmの太さに切った厚紙を2本両サイドにセロテープで貼る。
    ⑥両端のビニールが破れないように約1㎝四方に切った厚紙を貼って補強し、穴あけパンチで穴を開ける。
    ⑦両端の先端に凧紐を付け中央で輪を作り結ぶ。
    ⑧輪に凧糸を通してしっかり結んで完成です。

DSC_1705 (640x480)
シンプルなので大量生産出来ました。
子どもたちが持って走り回っていましたが良く凧が上がりました。


室内遊びにペットボトルキャップを使って数字パズルを作りました。
DSC_1668 (640x480)
数字の並びをばらばらにしてスライドしながら1から順に並べる遊びです。
1年生が夢中で遊んでいますが、出来るようになるまではなかなか難しそうです。


ちょっと休憩でお茶タイム
とても可愛らしい花束のお菓子を戴きました。

タルティン チョコブーケ
DSC_1676 (480x640)
蓋にはピンクの大きな花をバックに金髪の女の子の横顔が描かれています。
目を引く可愛らしいパッケジーですね。

DSC_1680 (480x640)
側面には植木鉢を連想させるような葉のイラストが描かれています。

DSC_1687 (480x640)

DSC_1688 (480x640)

DSC_1684 (480x640)
お花の形の可愛らしいホワイトチョコがアクセントになっていて見た目も可愛らしいお菓子のブーケですね。

チョコブーケは、ココア風味のラングドシャ生地の中に、ふんわり口どけの良いチョコクリームがたっぷり入っています。
ふんわり食感のチョコクリームと、サクサククッキー生地の食感が同時に楽しめ、香ばしいココアの風味とまろやかなクリームの甘みが、口の中でゆっくりと溶け合います。

なんだかんだ言いながら美味しくいただきました。
素敵なお菓子を戴き友人に感謝です。


スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません