fc2ブログ

放課後児童支援員認定資格研修に参加しました。

放課後児童支援員認定資格研修というものに、還暦過ぎた年でチャレンジすることになりました。

何が大変かというと研修会場までの道のりが自家用車でほぼ1時間かかること。
次に日程が4日間で、1科目1時間30分が午前2コマ午後2コマと1日4科目あること。
腰にヘルニアの爆弾を抱えている者が果たして1日中座りっぱなしに耐えられるのかかなり不安です。
そして教科書(放課後児童クラブ運営指針解説書)や資料のプリント、プロジェクタースクリーン、ノート取りなど老眼でも大丈夫なのでしょうか?

さらに研修受講後のレポートを科目ごとに書くこと。
保育士の資格があるので、4科目は免除されるものの残り12科目は書かなければなりません。
レポートって何?どう書くの?
大体老眼が進んでいるので、文字を書くのがメガネがあっても辛いです。

お昼ご飯はお弁当がいります。
朝早く起きてお弁当も作らなければ・・・・・

などなど最初は前向きでしたが、日が近づくにつれ気分は後ろ向きにどんどん後ずさりです。

9月16日最初の研修日、到着時間が心配で早めに出ました。
9時30分から受け付けですが、8時25分に到着。
1時間前についてしまい1番乗りみたいです。
早すぎました。
DSC_1161 (480x640)
誰もいない駐車場。
駐車場に車を留めて館内をお散歩しました。
トイレと研修会場を確認。
トイレを済ませて外のベンチで一休みです。
寒くもなく暑くもなく、青空でいい天気になりそうです。

そして1日目の研修はあっという間に終わりました。

4科目を済ませ夕方駐車場まで来るにも腰は痛いし、目は見にくいし、これからまた1時間かけて自宅に戻るのかと思うとうんざりでしたが、帰り道は早く感じました。
夕暮れ日が沈まないうちに無事帰宅出来ました。
自宅の駐車場に着いて車から降りた時、足腰が痛いのと固まっているのとでうまく歩けません。
長い間乗馬をした後の様な感じに思えました。
乗馬の経験はありませんが、長時間乗馬すればきっとこんな感じになるだろうと勝手に思い込んでます。

土曜日が研修会なので、日曜日はひたすらレポートを書きました。


9月30日、2回目は少し遅れて家を出ましたが、何故か早くついてしまいました。
文化センター内で催しがあるみたいで、駐車場の近場はいっぱいでしたので、少し離れた場所にとめました。
トイレ休憩にホールに行くと、ホールでクラフト市が開催されていて大勢の人で賑わっていました。
覗いてみたかったのですが、休憩時間が短いので諦めました。


10月7日、3回目いい感じで到着。
外のベンチで時間をつぶすのが寒くなりホールに移動しました。
DSC_1247 (640x480)
相変わらず早いので誰もいません。
講師の先生方よりも早いです。
広いホールを貸し切り気分ですね。


10月21日、4回目最終日です。

回を重ねるごとに心に余裕が出来てきたのか、講師の先生方の話も面白く役に立つことが多くて即実践できることもありました。
子どもに対する姿勢や気持ちの持ちようや考え方接し方がこの研修後凄く変わったことに気づきました。
今では参加して本当に良かったと思います。

終了レポートの作成は、自筆又はワードファイルへの入力でした。
自筆で書いていましたが、誤字は多いし、ミミズ字になってしまったので、結局ワードファイルへの入力にしました。
終了レポート様式をダウンロードしひたすらワードファイルへの入力。
23日月曜日にメールで送信しました。

パソコンに慣れていないので、終了レポート様式をダウンロードすること、入力すること、さらにメールで送信する事も大変でした。
メールが無事届いたか確認の返信メールをお願いしたところ、先方から『レポート拝受いたしました。研修お疲れ様でした。』との返信メールがありやれやれです。

レポートの内容がどうであれ、研修の全てが済んで安心しました。
まだまだ頑張れる60歳です。


コロナワクチン接種の封書が届きました。
5回目です。
どうしようか迷っていましたが、研修後に予約を入れました。
重症化予防効果を期待します。
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません