fc2ブログ

9月の庭の草花 『ヒガンバナ・ボタンクサギ・ダンギク他』

秋分の日が過ぎていよいよ秋がやってきそうです。

秋分の日は春分の日と同じで、太陽が真東から昇り真西に沈む日です。
昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境に日が沈むのが早くなり、夜が長くなっていきます。
秋の夜長と言われていますね。

秋分の日を中心とした前後7日間が秋のお彼岸となり、先祖を供養します。
『暑さ寒さも彼岸まで』と言われるように暑さが収まり秋が深まっていく頃となります。
日が短くなり朝夕も少し涼しくなりました。

太陽が真東から昇って真西に沈むとされる春分と秋分は、彼岸(極楽浄土)に通じる最短の日とされ、先祖供養の風習が生まれたそうです。

秋分の日には久しぶりにお供えを持って実家に帰り、近況報告などおしゃべりをしてきました。
年々老いて行く両親の健康状態も心配ですが、いくつになっても子供の事を気にかけてくれる親にも感謝です。

先祖の供養と親への孝行が出来るお彼岸です。


9月18日撮影

ヒガンバナ(彼岸花)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。別名は曼珠沙華(マンジュシャゲ)
DSC_001_BURST20230918150603144 (480x640)

DSC_1166 (480x640)

DSC_1190 (640x480)
名前の通り彼岸の頃に開花し、燃えるような赤い花がいくつも咲き乱れる姿は非常に美しいですね。
田のあぜ道で群集して咲いているのを見かけますが、彼岸花の鱗茎と呼ばれる球根の部分に強い毒が含まれている為、ネズミやモグラよけに植えたものとも言われているそうです。

トレニア アゼトウガラシ科 ツルウリクサ属(トレニア属)
DSC_1170 (480x640)
株が大きくなり、まだまだ次々に咲いています。

DSC_1173 (480x640)
花壇はトレニアでいっぱいになりました。

DSC_1177 (480x640)

DSC_1180 (480x640)

スダチ
DSC_1182 (480x640)
唯一一つ残ったスダチの実が大きくなりました。
そろそろ収穫時ですね。

タカサゴユリ(高砂百合)テッポウユリ亜属の植物。 
DSC_1185 (640x480)

DSC_1183 (480x640)
3本目が咲きました。

ハナトラノオ(花虎の尾)シソ科の植物の一種。
DSC_1187 (480x640)

ボタンクサギ(牡丹臭木)クマツヅラ(シソ)科
DSC_1193 (640x480)

DSC_1194 (640x480)
7月から9月頃が開花時期ですが、1回目の開花後、剪定したものに芽が付き、これはすでに3回目が咲いたものです。
花後に剪定をすれば次々に芽が出て咲きます。
アジサイのようにボール状に咲くので見ごたえはあります。
が・・・・その反面
地下茎から芽を出して広い範囲に茂るので繁殖力が強いです。
花壇に植えて後悔しました。
花には常に蟻の大群がついていて、葉は一種独特なニオイ(はっきりいって臭いです)がしますので切り花にはお勧めできません。

ハツユキカズラ(初雪葛) キョウチクトウ科 テイカカズラ属
DSC_1196 (480x640)

DSC_1197 (480x640)

DSC_1199 (640x480)

DSC_1200 (640x480)
花でもないのにこの綺麗さは何でしょうかね。
葉の魅力にすっかり虜にされてしまいました。

ダンギク(段菊)シソ科 ダンギク属の多年草
DSC_1202 (480x640)

DSC_1203 (480x640)

DSC_1204 (640x480)
下から段々に花が咲くので段菊と呼ばれます。
夏から秋頃に涼し気な青紫の花をさかせます。
葉や茎には細かい毛が密生しているため、肌触りが気持ちがいいです。
今年はプランターで大きな株に成長しました。


スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません