fc2ブログ

秋田 『遊佐町の十六羅漢と夕日の道』

梅雨前線が日本海沿岸にのび、さらに台風5号が東シナ海を北上しています。
よって昨日午後から出ていた大雨警報は引き続き継続されていて、本日学校は休校になっています。
おかげで職場は休みとなり、先週に続いて今週も3連休となりました。
夏休み前の骨休みが出来そうです。

先週の3連休、2泊3日の家族旅行で秋田に行ってきました。
結構いい歳の娘たちですが、それぞれ仕事の都合をつけて家族で出かけることが出来ました。

上の娘は今月初めから実家を出て、アパートに友達とルームシェアをしながら、気楽な生活を始めました。
実家暮らしと比べると、自分ですることは増えたようですが、なかなか楽しいようです。
一人家から居なくなるだけで、家事の手間は減り、何をするにも楽になりましたが、食事を作るたびに料理の量と食卓の空席が少し淋しさを感じさせます。

そんな時の家族旅行だったので、楽しさが増しました。

北陸自動車道米山サービスエリア 下り
DSC_0958 (640x480)

DSC_0937 (640x480)
前方日本海に佐渡島が望めます。

DSC_0939 (640x480)

DSC_0940 (640x480)

DSC_0941 (640x480)

DSC_0943 (640x480)

DSC_0952 (640x480)

海・佐渡・夕日の展望台
DSC_0944 (640x480)

展望台よりの眺め
DSC_0948 (640x360)

DSC_0949 (640x480)

DSC_0950 (640x480)

アジサイ
DSC_0951 (640x480)

芭蕉の句碑
DSC_0953 (480x640)
荒海や 佐渡に横たふ 天の川

DSC_0956 (640x480)
『奥の細道』の旅の途中、越後出雲崎での吟。
芭蕉46歳。

目の前に荒海がある。
暗い海上のはるか彼方に流人の悲しみを数々秘めた佐渡が島がある。
仰ぎ見ると空には天の川がさえざえと横たわっている。
近くに、遠くにそして天空に広がる大自然に、この雄大さに比べれば、そこにたたずむ人間がいかに小さなものか、人の哀れさを誘うものがある。

DSC_0957 (640x480)
中央やや右側の海面に近い長細い入道雲の下にうっすらと見えるのが佐渡です。

秋田方面に向けて海岸沿いを走ります。
DSC_0959 (640x480)


DSC_0960 (640x480)

DSC_0962 (640x480)

DSC_0963 (640x480)
走行中の車窓から撮るのはむずかしいですね。
空の雲と波間に浮かぶ日の光がキラキラ輝いて綺麗でした。

鳥海山
DSC_0966 (640x480)
鳥海山は山形県と秋田県の県境にあって日本海に面し、標高は2,236メートルです。
出羽富士とも呼ばれ、山麓周辺の人々の守り神として古くから崇められてきたそうです。

風力発電の風車
DSC_0968 (640x480)

DSC_0969 (640x480)

DSC_0971 (640x480)

DSC_0972 (640x480)
海岸沿いに風車が立ち並んでいます。

夕日
DSC_0976 (640x480)
雲が晴れて黄金に輝く夕日が見られました。


鳥海国定公園の十六羅漢岩
山形自動車道酒田みなとICから、国道7号線秋田方面へ20分程のところにあります。

鳥海国定公園
新奥の細道コース案内 十六羅漢と夕日のみち
DSC_0977 (640x480)

DSC_1031 (640x480)

名勝羅漢岩の由来
DSC_1029 (480x640)
現曹洞宗海禅寺二十一代目の石川寛海大和尚が、日本海の荒波の打ち寄せる奇岩の連る数百メートルに点綴して刻んだのが十六羅漢です。

歌碑
DSC_1026 (640x480)
冬来れば母川回帰の本能に 目覚めて愛し鮭のぼりくる  勇

DSC_1028 (640x480)
先人たちの長年の人口ふ化事業の辛苦のもと、月光川で生を受けた鮭の稚魚が、遠く北洋の旅を経て、再び母なる川月光川の清流を慕い帰ってくる姿を詠みあげた一首。
南遊佐村に生まれ育った歌人、斎藤勇氏の作。

カメ
DSC_1027 (640x480)
歌碑の左横の石の上にウミガメの石像がありました。

夕日がかがやく町で 愛を!
SUNSET POINT
DSC_1025 (640x480)
眺望台には歌碑や句碑があり、飛島やすばらしい夕日が望める名所となっています。

DSC_0978 (640x480)

DSC_0979 (640x480)

十六羅漢周辺マップ
DSC_0980 (640x480)

DSC_0981 (640x480)

DSC_0982 (640x480)

DSC_0983 (640x480)
十六羅漢岩の南方向に遊歩道を降りていきます。

DSC_0984 (640x480)

DSC_0985 (640x480)

DSC_0986 (640x480)
夕日がめちゃくちゃ綺麗です。
この綺麗な夕日が、そのまま写真にきちんと映るのかが不安でとにかく撮りまくりました。

十六羅漢岩は吹浦海禅寺21代寛海和尚が、日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って、1864年に造佛を発願し、地元の石工たちを指揮、5年の年月をかけて明治元年22体の磨崖仏を完工したそうです。
16の羅漢に釈迦牟尼、文殊菩薩、普賢の両菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像を合わせて22体あります。

観音菩薩
DSC_0987 (640x480)

左から 第十三尊者(いんがだ)・第一尊者(びんどらばらだーじゃ)・第九尊者(じゅばか)
DSC_0988 (640x480)

左から 舎利弗(しゃりほつ)・普賢菩薩(ふげんぼさつ)・釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)・目連(もくれん)
DSC_0989 (640x480)
夕日の写真を撮るのに手いっぱいで、近場の物のみ撮影しました。

DSC_0990 (640x480)

DSC_0991 (640x480)

DSC_0992 (640x480)

DSC_0993 (640x360)

DSC_1001 (640x360)

DSC_1002 (640x360)

DSC_1003 (640x360)

DSC_1004 (640x480)

DSC_1005 (640x480)

DSC_1006 (480x640)

DSC_1007 (640x480)

DSC_1008 (640x480)

DSC_1009 (640x480)

DSC_1010 (640x360)

DSC_1011 (640x360)
夕日が沈むまでほぼコマ送り状態です。

DSC_1012 (640x480)

DSC_1013 (640x480)

DSC_1014 (640x480)

DSC_1015 (640x480)

DSC_1016 (640x480)

DSC_1017 (640x480)

岩百合(イワユリ) ユリ科ユリ属
DSC_1018 (640x480)
新潟県親不知から青森県の海岸の岩場、佐渡、粟島、飛島の海岸の岩場に自生。
この花が咲くとスルメイカの漁が始まると言われています。
また、この花を採ると海の神様が怒って海が荒れるとも言われているそうです。
スカシユリは、イワユリを品種改良した園芸種だそうです。
岩場にたくさん咲いていました。

DSC_1020 (640x480)
日が沈んでいきます。

DSC_1023 (640x480)

夕闇の中の展望台
DSC_1030 (640x480)
夕日に感動した方々は夕闇迫る展望台で余韻に浸って別れを惜しんでいました。

7月13日土曜日11時頃に自宅を出発してからおよそ8時間後の18時45分に遊佐町に到着。
十六羅漢岩で、夕日の撮影が無事できました。
夕日の写真はどの写真も選ぶことが出来なかったので、全てアップしました。
同じような写真ばかりでしたが、最後までお付き合い下さりありがとうございました。

宿泊はもう少しさかのぼって秋田県由利本荘市まで行きます。
ホテルアイリスで連泊しました。
 
秋田の旅の続きは14日日曜日『なまはげ館』からはじまります。

最後に夕空
DSC_1034 (640x480)
天使の羽のような夕焼雲が空に広がっていました。
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません