fc2ブログ

カマキリの産卵

朝、駐車場脇を歩いていて、娘の車のドアのところにカマキリを発見しました。
おやこんなところにカマキリが張り付いています。
気にも留めずそのまま放置。
昼過ぎに主人が駐車場から大声で呼びます。
面白いものがあるから見に来いとのこと。
忙しい手を休め、何事かと見に行くと朝のカマキリが同じ場所で産卵をしているではありませんか。

11月4日撮影

チョウセンカマキリ  カマキリ目カマキリ科の昆虫。
DSC_0195 (480x640)

DSC_0201 (480x640)

DSC_0204 (480x640)
チョウセンカマキリは草の茎などに卵を産み付け、卵鞘はやや細長く長さは4㎝くらいで、縦に2本のスジがあるのが特徴だそうです。
卵鞘の中には100個~200個以上もの卵が入っているそうですが、無事に成虫になる事ができるのはわずか10%にも満たない数だと言われています。
天敵に狙われる危険が多く、一つの卵鞘から無事成虫になれるカマキリはたったの20匹~30匹程度だそうです。

こんなところに卵を産んでしまってどうするんでしょうか?
心配をよそに産卵後カマキリの姿はなく卵だけが残されました。
二日後、娘の車の卵は綺麗に無くなっていました。
その後誰もカマキリの卵については語りませんでした。
はがされた卵から無事来年の春5月から6月頃だそうですが、カマキリの可愛らしい赤ちゃんが沢山生まれることを願っています。


11月10日撮影

達原トンネル
DSC_0207 (640x480)

DSC_0208 (640x480)

DSC_0209 (480x640)
トンネルを抜けるとそこは紅葉でした。
振り返るとトンネルの上も紅葉が綺麗です。

山に雲がかかっています。
霧が立ち込めているのでしょうか?
DSC_0211 (640x480)
いずれにせよ幻想的ですね。


11月11日撮影

サザンカ
DSC_0219 (640x480)
昨年庭に植えた山茶花が咲きました。
花芽はたったの3つ。
貴重な花です。
植えて2~3年の若木は、成長過程なので花付きが少ないそうです。
気長に育つのを待ちましょう。

マリーゴールド
DSC_0220 (480x640)

DSC_0223 (640x480)

DSC_0225 (640x480)

隣の玄関先にあったプランターから種がこぼれて地面に芽が出ていたものを戴き、プランターに植えて置いたら大きく育ち花が咲きました。
まあ大きくなっても今年中の開花は期待していなかっただけに見事に咲いたのでラッキーでした。
秋晴れが続いて暖かかったせいもあったようです。

一緒に植えた日日草はまだ小さいままなので、マリーゴールドの成長が早いということでしょう。
夏にこぼれたミニトマトも何故か今頃20㎝ほどに成長しています。
どうしたものか・・・・思案中。
室内で育ててみようかな
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません