fc2ブログ

9月の壁面と9月庭の草花 『シュウメイギク・タマスダレ』 

2022, 09. 30 (Fri) 19:58

青空の下、隣の田んぼの跡に赤とんぼがたくさん飛んでいました。
吹く風も秋めいてきましたね。

9月の壁面
DSC_6098 (640x480)
コスモスと赤とんぼです。
子供たちが作って貼ってくれました。


9月25日撮影

シュウメイギク(秋明菊)キンポウゲ科の植物の一種。別名、貴船菊。
DSC_6102 (480x640)

DSC_6105 (480x640)

DSC_6106 (480x640)

DSC_6110 (640x480)
名前にキクとつくので、菊の仲間かなと思われがちですがアネモネの仲間だそうです。


タマスダレ(玉簾)ヒガンバナ科タマスダレ属の球根草。
DSC_6114 (480x640)

DSC_6115 (480x640)

DSC_6119 (480x640)

DSC_6120 (480x640)

DSC_6122 (480x640)

DSC_6124 (480x640)
タマスダレの花が次々に咲いて満開となりました。
スポンサーサイト



プリンターのエラー『カバーが開いています』 

2022, 09. 30 (Fri) 13:15

プリンターを使おうとするとエラーが出るようになりました。
エラーが出ると印刷が出来ません。

プリンターはこちらです。

キャノンMG6530
P5230028.jpg
2014年購入。
8年目になります。

エラーの内容は
『カバーが開いています。』
カバーってどこのカバーのこと?

給紙のトレイや、原稿台カバーを抑えても改善せず、インクを交換するところのカバーを開け閉めしてみましたが変化なく、結局ネット検索で調べてみました。

こちらの故障かなり多いみたいです。

エラーが出る原因として、開閉を検知するスイッチが開いている状態と判断するのでエラーで『カバーが開いています』とでるらしいです。

対策方法が色々あったのでダメもとでやって見ました。
・電源を切る
・強く蓋の上から押さえてみる。
・「KURE 5-56」の潤滑剤を細いノズルを使って、スイッチ部分に吹きかける。(勇気がないので試さず)
・カバー左下面についている突起(本体側の開閉検知スイッチを押す役目)にプラスチック片を両面テープで貼り付ける。

プリンター上部
DSC_6109 (640x480)
厚さ2ミリの透明デスクカバーがあったので、蓋についている突起部分の爪より少し長めの形に切り、両面テープでカバー左下面についている突起部分に貼り付けてみました。

プリンター下部
DSC_6095_convert_20220923145939.jpg
懐中電灯で下のスイッチ部分の穴を覗くと小さな四角い銀色のスイッチ?みたいなものが穴の中央やや手前にあります。

カバーを閉じた時に蓋についている突起部分の爪が手前の溝に入りスイッチを奧下に押し入れる仕組みになっているようです。
エラーが消えて、蓋がキッチリ閉まるまで少しづつ透明デスクカバーで作った爪を先端から調整しながら切っていくとエラー表示も消え蓋もしっかりしまった状態でなおりました。

無事使えるようになってやれやれです。
口コミ掲示板は凄く役に立ちますね。
皆様の努力と知恵に感謝です。

機械音痴ですが機械の仕組みを知ると割とすんなり解決することもあるので、ダメもとでも自分でやってみる価値はあると思います。


プリンターのインクが切れたので家電量販店のエディオンへ出かけました。
インクを購入するためレジに行きエディオンカードを渡すと、
『エディオンのアプリをスマホに入れてありますか?あれば500円引きクーポンが使えます。』とのこと。
早速スマホを出してエディオンアプリを開くとログイン画面が出ました。
ところがパスワードを入れて見ましたがログインできません。
パスワードが違っているようです。
心当たりを手あたり次第入れて見ましたが無駄でした。
店員にパスワードの変更を言われましたが、今度はパスワード変更に必要な4桁の確認コードが送信される認証電話番号が、なんと自宅の固定電話になっていました。

結局せっかくの500円引きクーポンは使えずインクを購入して家に帰宅。
家に戻ってからパスワードがわかったのでアプリにログインするとありました500円引きクーポン。
さらにポイント失効が9月30日(本日)になっていました。

もったいない精神が爆発。
再度エディオンまで出かけレシートを見せて説明し、アプリのクーポンとポイントを使用することが出来ました。
ガソリン代と手間はかかりましたが、自分で納得が出きました。

スマホのアプリを使うのも一苦労の年代です。
プリンターに振り回された月末でした。

9月の庭の草花 『ハナトラノオ・タマスダレ・ヒガンバナ他』と『アゲハ・カミキリムシの幼虫』 

2022, 09. 23 (Fri) 09:51

9月も夏のお疲れモードのままあっという間に過ぎていきました。

台風シーズン到来で、シルバーウイークも秋分の日からの3連休も、次々にやってく台風の影響で雨降りが続き、なかなか秋晴れのすがすがしい空にお目にかかれません。

小学校ではコロナ感染の学級閉鎖後、なかなか感染が収まらず、家族全員が感染してしまうといったケースが増えています。
子供は症状が軽かったり、無症状の子もいるので感染経路も不明で、じわじわと広がっているようです。

秋は行事も沢山あるので、なんとか早く収まって欲しいですね。


お庭には秋の花が咲き始めました。

9月4日撮影
ハナトラノオ(花虎の尾)シソ科の植物の一種
DSC_6041 (480x640)
放置していても地下茎でよく増えあちこちで自生しています。
茎丈が高いので台風で横倒しになったあと、空に向かって伸びるので花が途中で曲がっています。

タマスダレ(玉簾)ヒガンバナ科タマスダレ属の球根草。
DSC_6044 (480x640)

DSC_6046 (480x640)


9月6日撮影

スダチ(酢橘)ミカン科の常緑低木・中高木。
DSC_6047 (480x640)
鉢植えのスダチです。
5月に花が咲いた後、小さな実が出来ましたが全部育つことなく落ちてしまいました。
夏の間新芽が伸び枝や葉が充実したところに、アゲハ蝶の幼虫を3匹発見。
実もないので、そのまま放置して成長を見守りました。

アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫 チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ亜科
DSC_6050 (640x480)
黒くとげとげだった2匹目が可愛らしい芋虫に変化しました。
表情が愛らしいです。


長年大きく育った白いバラの木の枝が茶色くなり枯れ始めました。
根元付近を見ると、おがくず状のものが山になって積もっています。
樹の根元より徐々に上の方に視線をやると、高さ50センチほどのところに大きくえぐられたように穴が開いていました。
触るとポロポロと朽ちて木の皮のみでぎりぎりで繋がっている状態です。
仕方がないのでそこからバラの木を切断しました。
切り口より中を見ると何かいます。
園芸用の針金を挿し入れて虫を取り出してみました。

9月10日撮影

カミキリムシ(髪切虫)の幼虫 コウチュウ目・カミキリムシ科
DSC_6058 (480x640)
まさにこいつです。
同じ害虫でもアゲハの幼虫のように見守ることは出来ません。
即刻裏の土手に投げ捨てました。

この幼虫はカミキリムシの幼虫だそうです。
カミキリムシは子供たちにもカブト虫やクワガタの次に人気がありますが、実際被害が出るとそんなことも言っていられません。

カミキリムシの幼虫は植物の木質部分を噛んで食害していきます。
穴が開いた植物は弱り、そのままにしておくと枯れることもあるそうです。

とにかく根元付近におがくず状のものを見つけたらカミキリムシの糞の可能性があるので要注意ですね。
長年綺麗に咲いていた白いバラの木を根元付近から切ることになりかなりショックでした。


9月15日撮影

ヒガンバナ(彼岸花)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。別名マンジュシャゲ
DSC_6062 (480x640)

DSC_6065 (480x640)

DSC_6066 (640x480)

DSC_6069 (480x640)

DSC_6071 (640x480)
彼岸花今年は咲いた数が少ないです。
どうしちゃったのかな?
理由はわかりません。
夏は葉が凄く生い茂っていたのにね。
まばらですが秋の庭に赤が映えています。

コムラサキ(小紫) シソ科 ムラサキシキブ属
DSC_6073 (640x480)
紫色の実がたわわについています。

DSC_6075 (640x480)
こちらはまだ淡い紫ですね。

DSC_6076 (640x480)

シソ(紫蘇)シソ科シソ属の植物。
DSC_6078 (640x480)
シソの小さな白い花が咲きました。

毎年シソの葉をよく食べますが、今年はシソ巻に挑戦してみました。
シソ巻は甘いくるみ味噌を大葉で巻いて軽く炒めた東北の郷土料理と言われています。
主人のお弁当のおかずによく買いますが、スーパーで売られているものは、量も少なく割高なので自分で作って見ました。

材料
・大葉30枚・クルミ・味噌・砂糖・片栗粉 ・みりん ・白すりごま・サラダ油

シソ巻の作り方
1、大葉の葉を水洗いし水切りして置く。
2、クルミはミキサーで粒が残るぐらいに砕く。
3、鍋にクルミ・味噌・砂糖・白すりごま・みりん・片栗粉 を入れ弱火にかけよく混ぜ、火を止めしばらく置いて冷ます。
4、大葉の葉の裏側に味噌をのせて棒状に巻き、5個1組にして串に刺す。
5、フライパンにサラダ油をひき、串に刺した大葉巻を、低温で両面を焼く。
6、葉の色が変わる前に取り出しキッチンペーパーの上で油をきる。

しそ巻
2595741_s.jpg
(※写真を撮り忘れたので無料画像をお借りしました。)
こちら大葉の色が凄く色が綺麗ですよね。
私が作ったものはちょっと焦げ色になってしまいました。

お弁当はもちろんご飯のおかずにも最適。
大葉の爽やかな香りと甘い味噌の中のクルミの触感がたまりません。
食欲をそそる逸品です。

保存食として長持ちするので、夏場は30個ずつ4回戦作りました。
今年の夏はこれで乗り切ったようなものです。


シソの花を撮っていてイナゴを発見!

ツチイナゴ(土蝗)バッタ目バッタ科に分類されるイナゴの1種。
DSC_001_BURST20220915133436237 (480x640)

DSC_6082 (480x640)

DSC_6084 (480x640)
シソの葉は食欲旺盛なイナゴにずいぶん食べられていました。

ホオズキ(鬼灯)ナス科ホオズキ属の一年草または多年草。
DSC_6085 (640x480)
シースルー状になったホオズキ。
抜け感に趣があります。

DSC_6086 (480x640)

DSC_6087 (480x640)

DSC_6088 (640x480)
網目模様がデザイン的に素敵ですね。

『特務機関NERV防災』と『タオルホルダー』 

2022, 09. 04 (Sun) 15:01

大型で強い台風11号の影響で先週から雨の降りようが半端ないです。
職場では雨漏りや浸水の被害で対応に追われました。

晴れ間には、屋根や雨樋にたまった枯葉の除去や、側溝にたまった土を掘り出したりと、出来る限りのことはしてみましたが、短時間に降る雨の量が多すぎて雨水が行き場を失っている状態です。

北上してくる台風11号は暴風の恐れもあり、東海地方にも6日の午後から7日の午前にかけて風のピークとなるそうです。
今日は朝から青空がのぞいていたので、暴風に備え日よけを取り外し片付けました。


9月1日は防災の日でした。
そして9月1日含む1週間は『防災週間』と言われています。

9月4日日曜日 市では午前8時に一斉に防災訓練が行われました。

毎年のように大雨による災害が発生していることから、大雨が起因となる災害が発生した場合に備えるため、避難情報などを素早く的確に発信し、避難所を迅速に開設することを目的の防災訓練が実施されました。

台風接近を想定
①情報伝達訓練
当日午前8時に、市から市民メール、音声告知器、防災行政無線を使用して気象情報(大雨、洪水、暴風警報)を伝達し、その後に避難情報(避難指示等)の伝達。
②避難所開設訓練
各地区では、迅速に避難所を開設できるよう、各会場で避難所の開設訓練。

例年自治会で集合し点呼をしますが、今回はコロナ感染予防の為中止となりました。


昨晩たまたまニュースで防災アプリの紹介がされていました。
その防災アプリの名前を聞いてアンテナがピクンと立ちました。
何ですと?『特務機関NERV防災』
え~エヴァンゲリオンの特務機関NERVのことですか?
防災アプリはスマホに入れてあるけど、そんなんあったの?知らなかった。

さっそく『特務機関NERV防災』(無料)をインストールしてみました。

特務機関NERV防災は、地震・津波・噴火・洪水などの情報を国内最速で配信してくれる防災対策アプリです。
アプリ提供はゲヒルン株式会社。

特務機関NERV防災関連の動画を探して設定をしてみました。

【インストール推奨】特務機関NERV防災アプリのアクセシビリティが強化

最強の防災アプリ”開発秘話

『新世紀エヴァンゲリオン』ファンならこの動画を見て即決ですね。
災害に備える方法の一つとして、スマートフォンの防災アプリの重要性を感じます。

特務機関NERV防災は天気や台風の予報、雨雲レーダー、地震情報(緊急地震速報)・津波情報・火山情報・気象警報(注意報)・大雨危険度通知・Jアラート(国民保護情報)などさまざまな防災情報を最速で受信してくれます。

いつ起こるかわからない災害ですが、命を守るための身近な道具として活用していきたいです。
防災訓練は中止になりましたが、いい心構えが出来た一日でした。


キッチンで使用する手拭きタオルの収納に布製のタオル収納袋を長年使っていましたが、汚れも目立ちかつ衛生的ではないので、買い替えることにしました。

カインズやカーマなどのホームセンターや百均などを巡ったのですが、取り扱いがなく困っていたところに生協のカタログに載っているのを発見。

さっそく購入してみました。

毎日使うタオルもシンプルに魅せる収納!
なかなかのキャッチフレーズですね。

タオルホルダー クリア
DSC_6042 (480x640)
価格・・・2,480円(税込み2,728円)
サイズ・・・幅21.2㎝、奥行き13㎝、高さ28.8㎝、重量560g
取り付け・・・マグネット、ストッパーフック
耐荷重・・・1㎏

横から収納、下から1枚ずつ取り出せます。

我が家は冷蔵庫側面にピタリとマグネットで付けました。
マグネットはかなり強力でタオルを6枚入れて見ましたが全然OKです。

透明タイプはスタイリッシュで清潔感がありますよね。

以前アクリルティッシュケースも生協で購入しました。

アクリルティッシュケース
DSC_6044 (480x640)
価格 990円

詰め替え用ティッシュはもちろん、ティッシュボックスごと入れても入ります。
ケースはアルコール消毒も出来るので衛生的ですよね。

コロナ過において衛生面をすごく気にかけるようになりました。

8月の庭の草花 『ヤブラン・スクアミゲラ・トレニア他』 

2022, 08. 31 (Wed) 16:32

残暑お見舞い申し上げます。
今年も半端なく暑い夏でしたね。
夏休みもようやく終わり2学期が始まりました。

コロナ感染は周りでも増え続け、職場でも同僚や、小学生などが感染している事態です。
日々の感染対策と暑さによって自分の身体もかなりバテ気味。

夏休みが終わり一息ついたものの、学校が始まり感染拡大への懸念が拭えません。
感染した同僚の病状が重い話を聞いて、60歳未満のコロナワクチン4回目の接種が未だに出来ないことが不安を増強させてます。
市のワクチン接種担当に電話したところ接種券が来るまでお待ちくださいとのことでした。
先は長そうです。


暑さに負けず咲いている花たちに少しエネルギーを分けていただきましょう。


7月24日撮影

リコリス・スクアミゲラ ヒガンバナ科 別ナツズイセン。
DSC_6210 (480x640)
ピンクが可愛いです。
彼岸花のようにたくさん増えることを期待しています。


8月14日撮影

ヤブラン(藪蘭)キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草。
DSC_6234 (480x640)

DSC_6233 (480x640)

DSC_6235 (480x640)

DSC_6236 (480x640)
緑の葉の間から花茎を伸ばし、穂状に淡紫色の小さな花を密につけます。
緑に淡紫色が際立ち清涼感が漂います。

8月27日撮影

DSC_001_BURST20220827161716752 (480x640)
小さな淡紫色の花が開きました。

トレニア ツルウリクサ属(トレニア属)アゼナ科
DSC_6309 (480x640)

DSC_6312 (480x640)

DSC_6315 (480x640)

DSC_6317 (480x640)

DSC_6318 (480x640)
こぼれダネで増えて咲いています。

ハネナガイナゴ(翅長稲子])バッタ目バッタ科の昆虫。
DSC_6325 (480x640)

DSC_6329 (480x640)
パンパスグラスの葉に2匹しがみついていました。
美味しそうに食べています。
顔つきがまさに仮面ライダーですね。

ハギ(萩 )江戸絞り マメ科ハギ属の落葉低木。
DSC_6336 (640x480)

DSC_6344 (480x640)
6月に咲きましたが、剪定後再び伸びた枝が満開です。

バラ ピンク
DSC_001_BURST20220827161320246 (480x640)

DSC_6333 (480x640)
夏の暑さにも負けず、花は少し小さくなりましたが元気に咲いています。