2017_10
09
(Mon)09:14

付知峡の滝

祭日の体育の日に道の駅へ野菜の買い出しに出かけました。
時間が早すぎたのでちょっと足を延ばしてドライブです。

付知峡へ滝を見に行ってきました。
付知峡は岐阜県中津川市付知町 にあり、中央自動車道中津川ICから 国道257号線を下呂方面へ向かい、付知峡口を右折して県道486号線へ。

付知峡は『森林浴の森日本100選』『岐阜県の名水50選』『飛騨・美濃紅葉33選』に選定されていて、奇岩が重なり合う大渓谷です。

初めに高樽の滝を目指します。
高樽の滝は岐阜県中津川市加子母にあり、高樽山からの高樽谷が付知川に向けて合流する場所です。
付知峡入り口を右折し、途中の分岐を渡合温泉の方に左折します。
県道486号線から上流に向かい、かなり細い林道をしばらく進んでいくと、途中リスが道を横断。
カメラを構える間もなく山へと姿を消しました。
クマも現れそうな道です。

しばらくいくと正面の道路脇に駐車スペースがあり、右手に橋が見えました。
DSC_0251 (640x480)

DSC_0216 (480x640)

橋の上から滝が見えます。
DSC_0214 (480x640)
落差21メートルの滝の全容が見られます。

橋の入り口左手より滝下に降りる階段がありました。
DSC_0217 (480x640)

DSC_0219 (480x640)

DSC_0247 (480x640)
曲がり角階段の板が朽ちて折れて落ちていました。
この板大丈夫かしらちょっと怖いかも。
下が見えています。
濡れた落ち葉もたまっていたので、滑らないよう用心しながら降りていきました。

DSC_0221 (480x640)
滝見の展望台らしきが見えます。

DSC_0246 (480x640)

DSC_0243 (480x640)

DSC_0224 (480x640)

DSC_0245 (480x640)
さらに下に降りていきます。

DSC_0242 (480x640)

DSC_0240 (480x640)

滝見台
DSC_0237 (480x640)
下の滝見台です。

DSC_0229 (480x640)
かなり迫力があります。

DSC_0235 (480x640)
しばしマイナスイオンを浴びながら流れ落ちる水の様子を見ていました。
滝つぼのエメラルドグリーンが綺麗ですね。

DSC_0238 (480x640)
降りてきた階段を上っていきます。

DSC_0239 (480x640)

DSC_0241 (480x640)

DSC_0244 (480x640)

DSC_0248 (480x640)

滝の上落ち口
DSC_0250 (480x640)
ズームで撮って見ました。

高樽の滝はそんなに歩くこともなく、お手軽に見られます。
なかなか大きな滝でした。
問題は5キロという看板を見てから心細い林道が続いたということです。
ところどころ落石もあり、対向車が来たらすれ違いに困難な場所もありました。
上流で工事をしているようで、帰りは生コン車やダンプカーが走っていました。
まあ車の苦労は壮大な滝を見れば忘れます。

次は付知峡不動滝公園に向かいます。
DSC_0253 (640x480)
対向車が来ないことを願って、来た道を戻ります。
運よく生コン車が来たので後ろについて走りました。

不動公園案内図
DSC_0254 (640x480)

駐車場
DSC_0315 (640x360)

売店
DSC_0257 (640x480)

不動滝入口
DSC_0258 (480x640)

岐阜県名水50選
DSC_0259 (640x480)

秘水 不動の水
DSC_0261 (480x640)

DSC_0260 (480x640)

DSC_0262 (480x640)
趣のある石段を降りていきます。

DSC_0263 (480x640)

仙樽の滝・日和立・不動滝
DSC_0265 (640x480)
矢印に沿って歩きます。

DSC_0266 (640x480)
小さな用水が流れていました。

DSC_0267 (480x640)

DSC_0268 (480x640)
用水の橋を渡って下に向かいます。

東屋
DSC_0271 (640x480)

DSC_0269 (640x480)

DSC_0270 (640x480)
4月にはここら一帯は水芭蕉の花が見られるそうです。

DSC_0272 (640x480)

DSC_0273 (640x480)
遊歩道がめぐらしてあるため、迷わないように矢印看板が多いです。

DSC_0274 (640x480)
急な斜面の階段を降りていきます。

観音滝
DSC_0275 (480x640)
左手に滝が見えてきました。

苔の生えた巨石
DSC_0276 (640x480)
苔の生えた巨石の横を通ります。

DSC_0277 (640x480)

DSC_0278 (480x640)

DSC_0290 (480x640)

DSC_0291 (480x640)

DSC_0294 (480x640)

不動滝
DSC_0282 (480x640)

東屋
DSC_0285 (640x480)

不動明王
DSC_0286 (480x640)

DSC_0287 (480x640)

DSC_0288 (640x480)

DSC_0289 (480x640)

DSC_0295 (640x480)
降りてきた急な斜面を戻ります。
左手奥に吊り橋が見えますね。

DSC_0296 (480x640)
下から登ってくると遊歩道に突き当りました。
人工的に作られた小さな川が滝のように流れ落ちていました。
突き当りを右に折れて仙樽の滝へ向かいます。

DSC_0297 (640x480)

DSC_0298 (640x480)

DSC_0299 (640x480)
足下に吊り橋が伸びています。

注意を促す看板
DSC_0301 (480x640)
吊り橋入り口左手に看板がありました。
『3人以上同時に渡らないでください。
吊り橋をゆすらないで下さい。』
と書かれています。

吊り橋
DSC_0300 (480x640)
これはもしやかなりゆれるのでは・・・・
想像通りゆっくり歩いても中央に来るほど揺れます。
こわごわ歩いているのに、あとから渡り始めた男の子が揺らすので歩みが止まりました。
子供は怖いもの知らずです。

観音滝
DSC_0302 (480x640)
吊り橋から観音滝が見えました。

東屋
DSC_0303 (640x480)

DSC_0304 (480x640)
東屋左手から仙樽の滝に向かう仙樽滝遊歩道があったのですが、落石の危険があるため通行止めとなっていました。
残念ですが仕方なく上流の仙樽橋の方へ回ります。

仙樽橋
DSC_0305 (480x640)
2本目のつり橋です。
こちらもゆれました。

DSC_0306 (640x480)

仙樽の滝
DSC_0307 (480x640)
木々の向こうでちょっと見にくいですね。

仙樽の滝の上流
DSC_0309 (640x480)

滝の落ち口
DSC_0310 (480x640)

DSC_0312 (480x640)

水芭蕉の展望テラスに戻ってきました。
DSC_0313 (640x480)

DSC_0314 (640x360)
枯葉がテラスの上に積もっていました。
ここでランチでもしたらおいしく食べられそうです。

遊歩道は1周すると約860メートルです。
仙樽の滝は残念でしたが、マイナスイオンを浴びながら森林浴もでき、吊り橋の揺れ感を味わい、神秘的なエメラルドグリーンに魅せられて有意義な滝めぐりが出来ました。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

こんばんは

耳を澄ませば滝の音が聞こえてきそう~♪
水の流れに吸い寄せられそうに見入っておりました。

まるで、すぐ目の前に吊り橋があって、渡っているような気分になりましたw
家に居ながらにして、こんなステキな景観を見せて頂けて感激です。
それにしても壊れた階段・・もしも、足を滑らせたら・・
思わずぞ~としてしまいました(笑

熊が出てきそうなくらい、うっそうとした木々の中・・
今頃はきっと気温も低くて寒いくらいでしょうね。

トラックとすれ違うときも、スリルがありますね。
新鮮なオゾンをいっぱい吸って、まるで私までドライブさせて頂いた気分です。
ありがとうございます、今夜は爆睡できそうです^^

2017/10/15 (Sun) 20:42 | kantansu #- | URL | 編集 | 返信

To kantansuさん

kantansuさんおはようございます。
昨日は少し晴れ間がのぞきましたが、今日はまた雨ですね。
気温も低いです。
洗濯物の下でパソコン開いています。
滝めぐりは大好きで、癒しを求めて運動がてら出かけます。
付知峡は10月下旬から紅葉が始まり、11月中旬ぐらいはピークだそうです。
紅葉の時期は色づいた木々の間から滝が見えてとても綺麗だとか。
行くのが少々早すぎました。
それではまた。

2017/10/19 (Thu) 10:03 | EPO #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック