2017_04
15
(Sat)19:24

夜桜

何十年かぶりの夜桜です。
若い頃は夜桜見物に行っては、お酒やつまみを食べながら騒いだものですが、桜よりもひたすら夜風が寒かったのを覚えています。
震えながら缶ビールを飲んだ記憶が・・・・・・。
それから長年夜桜見物は足が遠のいていました。

買い物帰りにちょっと寄り道気分で恵那峡に立ち寄ったところ、提灯の光が見えたので近くまで行ってみると、駐車場は大賑わいでした。

恵那峡は岐阜県恵那市と中津川市を流れる木曽川中流の渓谷です。
約80年前に木曽川をせき止めて作られた大井ダムによってできた人造湖で、大井ダムの湖景と一帯に見られる奇岩の調和を称え恵那峡と命名されました。
自然の造形と人工物の融合によって誕生した景勝地です。
屏風岩、軍艦岩、獅子岩、鏡岩などが見られ、それらを見物するためのジェット船が周航しています。

何とか車を停めて、ライトアップされた桜めがけて歩きます。

駐車場からの眺め
DSC_0134 (640x360)
さざ波公園まで赤い提灯の明かりが続いています。

DSC_0108 (640x360)

DSC_0109 (640x360)

DSC_0131 (640x360)

さざなみ公園
DSC_0127 (640x360)
渓谷に細長くつきでた半島には遊歩道が整備され、季節の草花を楽しみながら公園内を散策できます。
桜のシーズンには日没から夜10時まで夜間ライトアップが行われ、公園全体が夜の湖面に幽玄に浮かび上がります。

DSC_0114 (640x480)

DSC_0115 (640x480)

恵那峡国際ホテル
DSC_0118 (640x480)
恵那峡国際ホテルの明かりが湖面に映って幻想的です。

DSC_0119 (640x360)

DSC_0122 (640x360)

DSC_0124 (640x360)

DSC_0125 (640x360)

DSC_0126 (640x360)
大勢の人で賑わっていましたが、やはりj湖面に近いせいもあり、寒かったです。
でも綺麗でした。
今年の桜もこれでお別れですね。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック