2016_10
22
(Sat)10:29

愛知県緑化センター

今日もいい天気です。
リハビリを兼ねて第二弾歩行訓練に出かけました。
先週の『陶史の森』がハードだったので、今回は出来るだけ歩きやすい平坦地を希望すると、『愛知緑化センター』へ。
コンビニで昼食用のお茶とおにぎりとおかずを少々購入し、ナップにサックに詰めて準備はOK。

愛知緑化センターは愛知県豊田市西中山町猿田にあり、東海環状自動車道豊田藤岡ICから車で5分ほどです。
緑化センター本館に近い第一駐車場に車をとめて出発です。
初めに苗の広場から

グリーンウオッチングコース案内版
PA220012.jpg

売店
PA220013.jpg
パンフレットが置いてあります。

アルミ缶風車
PA220014.jpg
アルミ缶風車が沢山あって風が吹くたびに一斉にカラカラ回るのでとても綺麗です。

ベコニア
PA220015.jpg
ひょうきんで可愛いですね。

木で作ったトナカイ
PA220016.jpg
鼻が赤く塗ってあるのでトナカイでしょう。
是非庭に置いてみたいですね。

PA220017.jpg

PA220018.jpg

PA220019.jpg

ハロウィン
PA220020.jpg

PA220021.jpg
ちょっと寂しい。
もう少し気合を入れてほしいですね。
小さい子たちにはうけていました。

岡崎高等技術専門校造園科訓練生が作成した坪庭
PA220022.jpg

PA220023.jpg

PA220024.jpg

PA220025.jpg

PA220026.jpg

バラ
PA220027.jpg

PA220034.jpg

PA220028.jpg

PA220029.jpg

PA220033.jpg

PA220031.jpg

PA220032.jpg
バラ園を抜けて日本庭園までの散策路両脇にはユキヤナギがずっと植えられていました。
春ならば真っ白で見ごたえがありそうです。

日本庭園
PA220038.jpg

PA220039.jpg

PA220040.jpg

PA220041.jpg

PA220042.jpg
日本庭園には東屋がありここでお弁当を売っていました。
コンビニでしっかり昼食を買ってしまったので残念に思いました。
とてもおいしいと宣伝していたので、「今度来るときはここで買います。」と話してきました。
東屋横にはトイレがあります。
石で作られていて入口がちょっとインディージョーンズっぽいです。

PA220043.jpg
もみじの木が池のほとりにありました。
紅葉すればここからの眺めは綺麗かと思います。
葉はまだ青々としていました。

ベコニア
PA220044.jpg
トイレ入口付近に飾ってありました。
木の椅子がいい味を出しています。

ドウダンツツジ(灯台躑躅)ツツジ科ドウダンツツジ属の植物
PA220045.jpg

PA220046.jpg

PA220047.jpg
ドウダンツツジが一部赤く紅葉していました。

小川ありましたが、水は流れてなく奥には滝がありました。
PA220048.jpg
水が流れていれば最高なんですが・・・・・

ツワブキ(石蕗、艶蕗)キク科ツワブキ属に属する常緑多年草
PA220049.jpg

階段を上っていくとロックガーデンがあります。
PA220050.jpg

サルビア・スプレンデンス    シソ科アキギリ属の1種
PA220051.jpg

メキシカンブッシュセージ  別名(サルビア・レウカンサ、アメジストセージ)シソ科、サルビア属。
PA220052.jpg

PA220053.jpg

PA220054.jpg

ヤマツツジ(山躑躅)ツツジ科ツツジ属の半落葉低木。
PA220055.jpg

PA220056.jpg

PA220063.jpg

ノコンギク(野紺菊)
PA220057.jpg

PA220058.jpg
ごくありふれた野菊の1つで、道ばたでもよく見かける植物です。

ダルマギク (達磨菊)キク科 シオン属
PA220060.jpg

PA220062.jpg

ススキ(芒、薄)イネ科ススキ属の植物
PA220064.jpg
ススキと岩のバランスが素敵です。

サワギキョウ(沢桔梗 )キキョウ科ミゾカクシ属の多年草
PA220065.jpg

PA220066.jpg

PA220067.jpg

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト(ユーホルビアダイヤモンドフロスト)トウダイグサ科 ユーフォルビア属
PA220069.jpg

PA220071.jpg

ロックガーデンから花木展示林へ階段を下りていく途中大きなキンモクセイの木が立ち並んでいました。

キンモクセイ(金木犀)モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹。モクセイ(ギンモクセイ)の変種
PA220073.jpg

PA220074 - コピー

PA220075 - コピー

PA220076 - コピー
あたり一面キンモクセイの甘い香りに包まれて、キンモクセイは見事に満開でした。

ブラッシノキ フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木。別名ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)。
PA220078.jpg

PA220079.jpg
ピンクの綺麗なタワシのようです。

PA220080.jpg

ヤブサンザシ  スグリ科の植物の一種、落葉低木
PA220081.jpg

PA220082.jpg

PA220084.jpg

PA220083.jpg

舗装道路を横断して樹木見本林に入っていきます。
PA220086.jpg

バラ ロージー・カーペット
PA220087.jpg

PA220095.jpg

PA220096.jpg

PA220090.jpg

樹木見本林と記念広場(大芝生園)の間に小川が流れていて、小川に沿って散策路がありました。
その入り口から散策路にそって、左側には灯籠が(途中から手水鉢も)、右側には庭石がずっと続いて置いてあります。

諏訪鉄平石
PA220098.jpg

PA220099.jpg

亀の甲石
PA220100.jpg

PA220101.jpg

織部灯籠
PA220102.jpg

PA220103.jpg
灯籠の写真を撮ろうとして穴ぼこに脚を取られ無様に転がりました。
カメラを持っていたので手も付けず、おかげでGパンがすれて膝から流血。
先週に続けて二度目の転倒です。
私の平衡感覚は一体どうなってしまたのでしょうか?

気をとりなおして
大芝生園の入り口近くにベンチがあったのでそこで昼食を食べました。
目の前は広々とした芝生が広がっています。
コンビニのおにぎりもおいしさ倍増です。

散策路入口にあった灯籠と庭石を写真におさめた時は、これらがずっと道に沿って続いているとは予測していなかったので、とりあえず今回は灯籠を撮影しようと思い、庭石は外しました。
というわけで灯籠と手水鉢の写真です。

丸生込形灯籠
PA220104.jpg

PA220105.jpg

六角雪見形灯籠
PA220106.jpg

PA220107.jpg

置灯籠
PA220108.jpg

PA220109.jpg

春日灯籠
PA220110.jpg

PA220111.jpg

雪見灯籠(六角雪見形灯籠・古代)
PA220112.jpg

PA220113.jpg

蘭渓形灯籠
PA220114.jpg

PA220115.jpg

西ノ屋形灯籠
PA220116.jpg

PA220117.jpg

丸雪見形灯籠
PA220118.jpg

PA220119.jpg

岬灯籠
PA220120.jpg

PA220121.jpg

勧修寺形灯籠
PA220122.jpg

PA220123.jpg

江戸形灯籠
PA220124.jpg

PA220125.jpg

銀閣寺形手水鉢
PA220126.jpg

PA220127.jpg

アマチャ(甘茶)ユキノシタ科の落葉低木。ガクアジサイの変種
PA220128.jpg

PA220129.jpg
つるが伸びて木にまきついています。
灌仏会(花祭り)の際に仏像に注ぎかけるものとして古くから用いられたあの甘茶です。

少し休憩。

菊形手水鉢
PA220130.jpg

PA220131.jpg

永徳寺形灯籠
PA220132.jpg

PA220133.jpg

基礎形手水鉢
PA220134.jpg

PA220135.jpg

蓮華寺形灯籠
PA220136.jpg

PA220137.jpg

古代蓮華寺形灯籠
PA220138.jpg

PA220139.jpg

桃山形灯籠
PA220140.jpg

PA220141.jpg

十二支形手水鉢
PA220142.jpg

PA220143.jpg

笠形手水鉢
PA220144.jpg

PA220145.jpg

二重枡形手水鉢
PA220148.jpg

PA220147.jpg

梵字四方仏形手水鉢
PA220150.jpg

PA220149.jpg

三月堂形灯籠
PA220151.jpg

PA220152.jpg

柚木形灯籠
PA220153.jpg

PA220154.jpg

当麻寺形灯籠
PA220155.jpg

PA220156.jpg

善導寺形灯籠
PA220157.jpg

PA220158.jpg

利休形灯籠
PA220159.jpg

PA220160.jpg

五重の塔
PA220161.jpg

PA220162.jpg

露結形手水鉢
PA220163.jpg

PA220164.jpg

梅鉢形手水鉢
PA220165.jpg

PA220166.jpg

円柱形手水鉢
PA220167.jpg

PA220168.jpg

蓮台形手水鉢
PA220169.jpg

PA220170.jpg

銭形手水鉢
PA220171.jpg

PA220172.jpg

鉄鉢形手水鉢
PA220174.jpg

PA220175.jpg

布泉形手水鉢
PA220176.jpg

PA220177.jpg

四方仏形手水鉢
PA220178.jpg

PA220180.jpg

PA220179.jpg

袈裟形手水鉢
PA220181.jpg

PA220182.jpg

棗形手水鉢
PA220183.jpg

PA220184.jpg

灯籠と手水鉢を撮り始めたら途中でやめることが出来ず、結局最後まで撮り続けました。
とにかくいろいろなものがあるんですね。
けっこう勉強になりました。

欲を言えば手水鉢の水がもう少し綺麗だとよかったかな。
まあ雨水と、林の中だから枯葉も入るししかたがないけれど。
大雨の次の日は雨に洗われてきれいかもしれませんね。

全国育樹祭記念広場
PA220185.jpg
芝生はまるでふかふかのじゅうたんのようでした。
ここなら転んでも大丈夫そうです。
ほんの少し走ってみました。
何とか走れました。

この広い芝の上を縦断して今度はオーストラリア庭園に向かいます。
花木展示林下の舗装道路まで戻り道路に沿った自然林の中の小路を歩いていきます。
昭和の小路と名前が付けられていてオーストラリア庭園につながっています。

案内所
PA220186.jpg

PA220188.jpg

PA220187.jpg

ウェストリンギア グラブラ シソ科 ウエストリンギア属
PA220189.jpg

PA220197.jpg

PA220190.jpg

PA220191.jpg
案内所の中を抜けてオーストラリア庭園へ

バンクシア スピヌロサ   ヤマモガシ科の属
PA220192.jpg

PA220193.jpg

バンクシア パルドサ    ヤマモガシ科の属
PA220194.jpg
これはどう見てもタワシでしょう。

PA220195.jpg

ユーカリ  フトモモ科 ユーカリ属 常緑高木
PA220196.jpg
コアラが食べるのはこのユーカリの葉です。

オーストラリア庭園から緑化センター本館にやってきました。
スロープを上って建物内に入ります。

可愛い木彫りがお出迎え
PA220199.jpg

シカかな?
PA220200.jpg

室内緑化モデル展示グリーンホール
PA220201.jpg
中央は一階から3階まで吹き抜けになっていて植物園のように室内が緑に包まれています。

カスケード
PA220202.jpg
木々の間に階段が作られ水が流れ落ちています。

PA220204.jpg
本館2階左出口よりカスケードに出られます。
カスケード左奥にトンネル入る通路があり、通路左折して第一駐車場に戻ってきました。
このトンネルは本館通路と言って第一駐車場と本館、オーストラリア庭園とつながっています。

これでだいたい一周できました。

10月の花・実
PA220208.jpg

PA220209.jpg
トンネル出口付近に貼ってありました。
時期に見られる植物の名前入り写真なので、とてもわかりやすく参考になります。

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)キク科アキノキリンソウ属の多年草
PA220210.jpg
駐車場脇に咲いていました。
秋になるとススキと同じくあちらこちらで見られます。
群生していると黄色が鮮やかに目に入ってきますが、近くでじっくり観察してみると見慣れた草花にも新しい発見が・・・

植物に触れ合えて、運動も出来て楽しい時間が過ごせました。

スポンサーサイト
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック