FC2ブログ
2019_01
29
(Tue)13:36

節分の鬼

昨日午後2時頃より雪が降り始めました。
冬になってから初めての積雪です。
少し積もったので、職場で雪かきをしました。
地熱が高いのでアスファルトの上はすぐに溶けてしまいました。

家に帰ると3センチほど雪が積もっていました。

沈丁花に積もる雪
DSC_0038 (640x480)
赤い小さな蕾が雪の間から見えます。

丁度帰宅してきた主人といっしょになったので、駐車場の雪かきを二人でしました。
駐車場入り口は坂道になっているので、明日の朝の凍結が心配です。
雪かきと竹ぼうきで掃き寄せ、夕食前の良い運動になりました。
雪かきのおかげで身体もぽかぽかになり、結果夕食はお手軽な焼肉となりました。

もうすぐ2月節分ですね。
壁面の鬼を包装紙で作って見ました。


DSC_0060 (640x480)
折り紙で大きなものを製作するのに包装紙は便利がいいです。
薄くて折りやすく、光沢もあり柄があってユニークなものが出来ます。
可愛らしい3匹の鬼が出来上がりました。
スポンサーサイト



2019_01
24
(Thu)11:16

雲と月

暦の上では大寒にはいり、寒い日が続いています。
正月あけからインフルエンザが急激に流行し始め、周りでは寝込む人が増えてきました。

予防には手洗い、うがいはともかく、マスクは必需品となってきます。
マスクは圧迫感があるのであまり好きではありませんが、戸外では寒さしのぎにもなり、一度はめると手放せなくなります。
市販されているマスクは種類も多様で、付け心地が改良され良いものがずいぶん増えました。
といっても箱買いで枚数の多いお安いものを買ってしまうのは主婦だからでしょうか。

日々ゴミ箱は鼻をかんだティッシュと使い捨てたマスクに溢れています。


空の雲と大きな月が綺麗だったので撮って見ました。

1月19日撮影

ひつじ雲?
DSC_0001 (640x480)

真昼の月
DSC_0009 (640x480)

DSC_0015 (640x480)


テレビで『スーパームーン』という言葉を聞きました。
閉め忘れた雨戸を夜閉めていると、屋根近くが非常に明るく見えたのでその言葉を思い出しました。
ベランダに出てみると大きなまん丸の月が見えました。

1月21日撮影

スーパームーン
DSC_0031 (640x360)
普段よりも大きくて明るく見えます。
月の光を浴びながら、写真を撮りました。
セーラームーンを思い出しながら、すっかり冷えてしまった身体で布団に入りました。



2019_01
14
(Mon)20:04

12月庭の草花 『ハボタン・マンリョウ』


12月25日撮影

玄関の鉢のハボタンに霜が降りていました。
寒さに強いハボタンは、葉が凍みることなく色鮮やかに咲いています。

ハボタン(葉牡丹 )アブラナ科アブラナ属の多年草。
DSC_0387 (640x480)

DSC_0388 (640x480)

冬の季節に花壇に咲く色鮮やかな葉牡丹は、お正月に欠かせない植物の一つです。
江戸時代には現在のように冬の季節に今ほど鮮やかな色の花がなかったために、冬に咲く牡丹の代わりに庶民がお正月に飾ったことが、お正月と葉牡丹の関係性の起源になっているそうです。

ハボタン(葉牡丹)の名前の由来は、葉が美しく色づいて花の牡丹のように見えることから名づけられました。
鮮やかな葉を鑑賞して楽しむことが出来るハボタンは種類も豊富です。
ここ最近ではお正月の花という概念を超え、冬のガーデニングや寄せ植え、花束やカラーリーフ(特徴のある葉っぱをもっている植物の総称)として使われ、楽しみ方も増えてきたようです。

ハボタンの種類
・丸葉ハボタン ・・・葉牡丹の品種改良で代表的なものの一つの丸葉。綺麗に色付いてバラのように見えます
・ちりめんハボタン ・・・もう一つの代表的な葉牡丹、葉が縮れているちりめんの葉型です
・切り葉系ハボタン ・・・切り葉のケールと掛け合わせることで、切れ込みの入った葉型のハボタン
・フリンジ・ケール系ハボタン・・葉の切り込みが切り葉系よりも細かいハボタン
・高性種ハボタン ・・・花束の花材としても使われる背の高いハボタン

一昨年の正月用に植えたハボタンは一年間鉢の中で切り戻しされながら芽をのばし生き延びていました。
葉牡丹はアブラナ科アブラナ属の植物なので、アブラナ科アブラナ属の植物の菜の花と同じことから、菜の花のような黄色い花が咲きます。
冬から春にかけて葉の形や色を楽しみ、春には黄色い花菜を楽しむことができる二度おいしい植物です。


マンリョウ(万両)サクラソウ科(ヤブコウジ科)ヤブコウジ属の常緑小低木。
DSC_0395 (640x480)

DSC_0397 (640x480)
万両は冬に熟す果実が美しいので栽培され、特に名前がめでたいのでセンリョウ(千両)などとともに正月の縁起物とされています。

我が家は縁起が良いことに万両が勝手に芽を出し大きく成長していきます。
すでに2本は大きくなりました。
秋ごろ枯葉の下のあちらこちらで新芽を発見しました。
これもいずれかは成長するであろうと期待しつつ放置しておきました。

艶やかな赤い実が冬の庭を彩ります。
2019_01
14
(Mon)20:03

クリスマス

いい年をした娘たちが突然何を思いついたか、『今年のクリスマスにはクリスマスツリーを飾って』と言いはじめました。

子供が小さいうちは毎年出して飾っていたのですが、今では倉庫の屋根近くにどっしりと場所をとってほこりにまみれています。
大掃除も忙しいし、ツリーも断捨離したいくらいと思っていましたが・・・・

『マツコの知らない世界』(12月4日) で、クリスマスツリーを200本以上もコーディネートされている佐々木潤さんが登場。
飾って楽しいツリーを紹介しました。
大人も楽しめるツリーの魅力に魅せられ、母は密かに決心するのです。
今年はクリスマスツリーを飾ってみようかな。

数日後居間にクリスマスツリーが飾られました。
緑のツリーとイルミネーションの光が暖かい幻想的な空間を作り出します。
うわ~心も癒されます。

クリスマスツリーを断捨離しなくて良かったわ~。
来年もバージョンアップして飾って見ようと心に誓いました。


12月24日撮影
クリスマスツリーの横でシャトレーゼのクリスマスケーキを食べました。

Xmasチョコ生クリームデコレーション(18cm 3,200円)
DSC_0377 (640x480)
ココアスポンジでチョコレートシロップとシリアル入りチョコがサンドされています。
トッピングの丸い物体は意外にもプチシュークリームでした。

サンタの砂糖菓子
DSC_0382 (640x480)
とてつもなく可愛いけど、上手に出来るものですね。
手作りですよね。
そしてこれかなり甘いです。
可愛いけど子供たちは昔から食べないので、母が食べてます。
『食べるのもったいないくらい可愛い!』と言いながら頭からパクリといきます。
夢いっぱいのサンタさんは、母のおなかに消えていきました。

2019_01
09
(Wed)12:09

大掃除と断捨離と床のリフォーム

お正月も過ぎてようやく落ち着いた日常が戻ってきました。
新年の挨拶だけは急いでしたものの、昨年12月の写真や記事がアップされず残っていたので、今更ですがアップしました。

年末大掃除はいつも通り12月1日からボチボチと始め、年内にはなんとか終了しました。
掃除をしながら断捨離もしました。
引き出しを中心に、とにかくすべて出して並べ、使ってない物は処分しました。
洗面所の棚や引き出しからは出てくる出てくる、正体不明のものもあり?
断捨離後は見た目すっきり片つきました。

収納の中身をすべて出すという行為がポイントのような気がします。
よくもこれだけ入っていたものかと量の多さにびっくり。
さらに不要なものが多いことにも気づかされます。

家族の協力も必要ですね。
いらないものをためない生活を心掛けたいです。


我が家にはセカンドハウスというものがありまして、何のことはない主人の実家だったところですが、山奥にプレハブの小屋が一軒だけ残されています。

子供が小さい時には、バーベキューをしたり、川遊びをして一日ここで楽しく遊んで過ごしました。
現在は夫婦の息抜き場所になっています。
たまにいって、草むしりや庭木の手入れなどをして自然の中でせっせと体を動かしリフレッシュして帰ってきます。

年月が経つうちにプレハブも老朽化が進み、雨漏りをしたり、壁に穴が開いたり、床板がもせたりと修理に忙しいです。
今回は雪が降る前にと思い床の補修をしました。

どうしょうかと迷ったあげく、一番お安く、手間がかからない、クッションフロワーというものをホームセンターで購入しました。
丸く巻かれた形で販売されているので、必要な長さを購入します。
180㎝幅があったので、6畳のプレハブ用に180×270を2枚切ってもらいました。

6畳用のもせた花ござのラグを処分し、クッションフロワーを敷いてみました。
木目模様の床が素敵に見えます。

プレハブ室内
DSC_0360 (640x480)

DSC_0362 (640x480)

DSC_0363 (640x480)

DSC_0364 (640x480)

DSC_0367 (640x480) (2)
張り替えた床の上で、のんびり昼食のおにぎりを食べました。
踏んだ感じが柔らかく掃除もし易くて良かったです。
いつも大量に花ござの下から出てくるカメムシも全く姿を見せず、カメムシ対策にもなりました。

ところどころ傷んでいますが、処分するとなると寂しくて、ぼろ小屋ではありますがもう少し頑張って維持していこうかと思っています。
まさに家族にとっては故郷です。


プレハブ小屋の表札が傷んでいたので、作り直し窓際の内側に掛けてきました。

表札もどき
DSC_0351a (480x640)

DSC_0354 (640x480)

DSC_0356a (640x480)

DSC_0358 (480x640)
造花の葉と、カキバラさんのキーカバーをくっつけてみました。
カキバラさんがアクセントになって、可愛い仕上がりになりました。

2019_01
02
(Wed)21:47

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

昨年はお世話になりました。
気ままなブログにご訪問下さりありがとうございました。
そしてコメントを残してくださった方々には、たいへんうれしく、ブログの励みにもなっていて深く感謝しております。
相変わらずのんびりの更新になりますが、本年もどうぞよろしくお願いします。

無題nennga_convert_20190103000744

img_1.gif

筆ぐるめで毎年年賀状を作るのですが、ふと今年思い立ったのが
『作った年賀状をブログに載せた~い(⋈◍>◡<◍)。✧♡』
でも筆ぐるめに保存できても、ピクチャーに移動できない。(T_T)
色々調べて結局スクリーンショットを使ってみました。

手順
1.筆ぐるめで作った年賀状をレイアウトで表示する。
2.キーボードの右上にある「PrtScr」スクリーンショットキーを押す。(デスクトップの写真を撮る機能です。)
  デスクトップにスクリーンショットのショートカットフォルダを作っておくと便利です。(フォルダ内に保存されます。)
3.ペイントを起動して『貼り付け』をするとデスクトップの写真が貼り付けられます。
4.表示されている年賀状の部分を四角形選択して『切り取り』。
5.新規を開いて『貼り付け』。
6.名前を付けて保存して出来上がり。

苦労の結果、元旦に更新するつもりがようやく二日に間に合いました。
正月早々くたびれました。
が、結果オーライということで・・・・・