FC2ブログ
2018_05
31
(Thu)11:24

横に伸びるまっすぐな虹

朝から曇り空です。
半日は天気がもつかなと洗濯物をベランダに広げましたが、11時半ごろ雨が降り出しました。
急いで洗濯物を室内に移動、只今雷を伴って激しく降っています。
午後はこのまま雨になりそうです。
楽しみの庭仕事が出来ません。
雨降りは気分も憂鬱になりますね。
肌寒いのでエアコンを入れて、洗濯物でも乾かします。
そして、温かいコーヒーを飲みながらパソコンにむかいます。

5月27日の日曜日13時20分頃買い物帰りに車中より虹を見ました。
通常見かけるアーチ形ではなく空に横に伸びる虹です。
自宅に近かったので急いで戻って撮ってみました。

環水平アーク
DSC_0779 (640x360)

DSC_0782 (640x360)

さかさまの虹?
違うよね赤が一番上だし。
一緒にいた娘二人も空を見上げてしばらく鑑賞していました。

『横に伸びるまっすぐな虹』で検索してみました。
この虹を『環水平アーク』と言うそうです。
なんだかかっこいい名前ですね。

環水平アークは、大気光学現象の一種で、太陽の下46度の水平線上の薄雲に虹色の光の帯が見えるものだそうです。
水平弧、水平環 とも呼ばれています。
大気中の氷晶に太陽光が屈折して起こるもので、太陽高度が58°以上の時にしか出現しないらしいです。

何やら難しそうですが、ということはかなり珍しい虹のようで、これが見られて非常にラッキーだったようです。

『虹を見ると縁起がいい』というようなちょっぴり幸せな気分を味わいました。
自然現象は不思議で、神秘で、美しいです。

虹の写真を見ながらブログを更新して、雨降りの憂鬱な気分が少し解消されました。
スポンサーサイト



2018_05
30
(Wed)13:41

ちりめんモンスター

今日は朝から雨ですね。
雨の日は必然的にブログの更新日となります。
子供の頃、毎日書く夏休みの日記をよくためてまとめて書いた記憶がよみがえります。
その日の天気がわからなくなり、新聞を見て日記に書き込んでいました。

先日ちりめんじゃこを食べていた時の事、雑魚の中から物体エックスを発見しました。
これは何だろう?
娘と大騒ぎ。
かに?じゃないような。
今まで小さなカニは良く見つけていましたが・・・・
老眼なのでみにくい。

チリメンモンスター
DSC_0735 (480x640)

DSC_0738 (480x640)

DSC_0743 (360x640)

DSC_0744 (360x640)
ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)は、イワシ類(カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・シロウオ・イカナゴなど)の仔稚魚を食塩水で煮た後、天日などで干した食品です。
ちりめんじゃこの製造工程では様々な海洋生物が混ざる事が多く、これを『チリメンモンスター』略して『チリモン』と呼ばれていて一部では密かに人気が広がっているそうです。
さてどんなものが見つかるのでしょうか?
チリメンモンスターにはエビ、タコ、イカ、カニの幼生、魚の子どもなどたくさんの種類が見つかるそうです。
白いご飯の上にちりめんじゃこをのせて、チリモンを見つけながら食べてみましょう。
夢とロマンが広がる楽しい食卓になりそうですね。
2018_05
29
(Tue)11:18

5月庭の花 『シャクヤク・ムラサキツユクサ・箱根ウツギ他』

朝夕の寒暖差がありすぎて、半袖と長袖を着たり脱いだりと忙しい日々です。
5月に入ってから日中の日差しが思いのほか強く、日焼けをしたようで首と腕は気が付けばすでに真っ黒になっていました。
俗にいう百姓焼けでしょうか。
5月とはいっても紫外線は恐るべしです。

草花は寒暖差も紫外線も一向に気にしていないようで、すくすくと育ち美しい花を咲かせています。

5月15日撮影

シャクヤク(芍薬)ボタン科の多年草。
DSC_0686 (480x640)

DSC_0770 (480x640)

DSC_0773 (640x480)

DSC_0776 (640x480)

ムラサキツユクサ(ツユクサ科ムラサキツユクサ属)
DSC_0689 (480x640)

DSC_0692 (480x640)

DSC_0731 (480x640)

ニワフジ(庭藤)マメ科の植物のひとつ。
DSC_0694 (640x480)

DSC_0695 (640x480)
昨年庭の片隅に咲いているのを見つけて、名前を調べ『コマツナギ マメ科の被子植物。』と言っていましたが、どうも違っていたようです。
同じマメ科ですがニワフジらしいです。
何といっても写真画像で判別するので、自信がありませrんが・・・・・。

ミニトマトの花
DSC_0704 (480x640)

DSC_0706 (480x640)
連休明けにミニトマトの苗をプランターに植えました。
お弁当のおかずに重宝なので、今年は昨年より増やして6株植えてみました。
4株は98円のものを、2株は娘が398円の上のラベルの物を選びました。
さて値段の違いがどう出るか楽しみです。
6株とも70㎝程に伸び、成長は順調です。

チェリーセージ シソ科アキギリ属の多年草または常緑低木。和名はヤクヨウサルビア。
DSC_0712 (640x480)

DSC_0713 (480x640)

DSC_0716 (480x640)

DSC_0720 (480x640)

お庭のバラの開花がはじまりました。

バラ 白
DSC_0721 (480x640)

バラ 赤
DSC_0726 (640x480)

5月21日撮影

スイカズラ(吸い葛)スイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。別名ニンドウ(忍冬)。
DSC_0732 (480x640)

DSC_0846 (640x480)

DSC_0848 (640x480)

DSC_0850 (480x640)

DSC_0853 (480x640)

DSC_0855 (640x480)

DSC_0860 (480x640)

DSC_0862 (640x480)
町内の春の清掃で家の隣の側溝の掃除をしている時に、ため池の岸に自生しているのを見つけました。
すごくいい香りが漂っています。
白い花が徐々に黄色くなるため、白い花と黄色い花が混在して咲いているように見えます。
つる性でこちら側につるが何本も伸びていたので、切ってプランターに挿し木してみました。

5月25日撮影

ハコネウツギ(箱根空木)スイカズラ科の植物のの一つ。 別名はベニウツギ。
DSC_0750 (640x480)

DSC_0751 (480x640)

DSC_0762 (640x480)

DSC_0764 (640x480)

DSC_0765 (480x640)

ムラサキカタバミ(紫片喰、紫酢漿草)カタバミ科カタバミ属の植物。
DSC_0755 (640x480)

DSC_0759 (640x480)

5月28日撮影

スイセンノウ (酔仙翁) ナデシコ科 センノウ属の多年草。
DSC_0786 (480x640)

DSC_0818 (480x640)

アスチルベ  チダケサシ属の多年草植物。
DSC_0789 (480x640)

DSC_0791 (640x480)

DSC_0823 (480x640)

バラ 白
DSC_0798 (480x640)

DSC_0813 (640x480)
バラ満開です。
ブーケのように咲きました。
昨年枝を切り詰めなかったので、背丈が2m超えです。
はるか頭上で咲いているので、写真がなかなか撮れません。
家の上にあるお隣の奥様はフェンス越しから間近でバラが鑑賞できると喜んでいました。

スナックエンドウ
DSC_0816 (480x640)
スナックエンドウはパンパンに実が膨らみ2回の収穫で30個ぐらいは採れました。
茹でてマヨネーズで美味しくいただきました。
途中から青虫の大群に襲われ、葉は見事食べつくされ、毎日青虫の駆除に追われました。
葉の裏などにゴロゴロいた青虫は見つけられる度に、裏の田んぼの土手に捨てられました。

アルストロメリア   アルストロメリア属 。単子葉植物。別名ユリズイセン
DSC_0828 (480x640)

DSC_0829 (640x480)

ムラサキツユクサ(ツユクサ科ムラサキツユクサ属)
DSC_0832 (640x480)

DSC_0834 (480x640)
庭のムラサキツユクサが増えたので鉢植えにしたところ、鉢の中でもよく育ち綺麗に咲いています。
玄関先に置いてありますが、趣があり鉢植えもいいものです。
2018_05
25
(Fri)10:24

シリアルバー

以前職場で簡単な手作りおやつを教えていただきました。
材料
・マシュマロ
・シリアル
DSC_0747 (480x640)
シリアルはフルーツの入っているのをお勧めします。
私はこれ『カルビー フルグラ 』が一番大好きです。

フライパンにマシュマロを入れ半分解け始めたら、シリアルを入れて混ぜます。(分量適当)
シリアルがくっつきはじめたら、ラップの上に広げてロール状にまきます。
常温で放置し、固まったらラップをとって食べやすいサイズに切って出来上がり。

手作りおやつ シリアルバー
DSC_0640 (640x480)
マシュマロは、ピンクと白のハート型の物で、いただき物(カルディコーヒーファームの『プロスター ハートコーンバッグ』 )があったのでそれを使いました。
だから出来上がりはほんのりピンクです。
材料がシリアルなので栄養満点。
腹持ちもいいです。
コーヒー、紅茶、お茶うけにもよろしいかと。
2018_05
13
(Sun)17:46

5月の庭の花

最近朝早く目が覚めます。
『早起きは三文の徳』と言いますが、確かに時間に余裕が出来ます。
ひと仕事しても、『あらまだこんな時間』と言った感じでやりたい事が色々出来てすごくお得な気がします。

早朝は曇っていた空からポツポツと雨が降り出し、午後にはザーザーと音を立ててたたきつけるような雨が、時より激しく降りました。
大雨警報も発表され、家の裏の用水路から水の流れる大きな音が聞こえてきます。
庭いじりも出来ないので、パソコンに向かって撮りためた写真の整理をはじめました。

5月5日撮影

オダマキ(苧環)  紫   キンポウゲ科オダマキ属。別名 アキレギア、アクイレギア。
DSC_0595 (640x480)

DSC_0623 (640x480)

アマドコロ(甘野老) クサスギカズラ科(キジカクシ科)アマドコロ属の多年草。
DSC_0601 (640x480)

DSC_0604 (480x640)

DSC_0606 (640x480)

DSC_0609 (480x640)

ミヤコワスレ(都忘れ)キク科ミヤマヨメナ属の植物。別名 野春菊(ノシュンギク)、東菊(アズマギク)。
DSC_0614 (480x640)
ミヤコワスレのピンクがあちらこちらで咲きました。

スナックエンドウの花
DSC_0615 (640x480)
スナックエンドウの白い花がちらほら咲きはじめました。
背丈はまだ50㎝ほどです。

チョウジソウ  リンドウ目キョウチクトウ科に分類される多年生草本植物。
DSC_0626 (640x480)

DSC_0627 (640x480)

DSC_0629 (640x480)


5月7日撮影
サクランボ(桜桃)バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹。ミザクラ(実桜)。
DSC_0631 (640x480)

DSC_0632 (480x640)

5月11日撮影
DSC_0643 (640x480)

DSC_0644 (640x480)
昨年一つしかならなかったサクランボが30個ほど実になり色づき始めました。
赤くなるのを楽しみにしていたところ、ヒヨドリがサクランボ目当てに飛んできました。
急いでホームセンターで鳥よけネットと支柱を購入。
無事さくらんぼの木にかぶせ防御しました。
赤くなったのをつまんで食べると思いのほか甘かったです。
ご近所さんにも味見をしていただきました。
来年はもっとたくさんなるといいね。
ということで皆様の期待もかなり大きいです。
頑張れサクランボ!🍒

アヤメ(菖蒲)白 アヤメ科アヤメ属の多年草。
DSC_0648 (480x640)

DSC_0651 (480x640)

アヤメ(菖蒲)紫 
DSC_0654 (480x640)

DSC_0655 (480x640)

キュウリグサ(胡瓜草)は、ムラサキ科キュウリグサ属の雑草。
DSC_0656 (640x480)

DSC_0658 (640x480)

DSC_0664 (640x480)
長年忘れな草だと思い込んで大切に育てていましたが、キュウリグサという雑草でした。
どうりで肥料をやっても大きくならなかったわけです。
雑草ですが小さな花がとても可愛いですね。
ズームで撮るのが難しかったです。

ブログをアップしている途中で、『Windows 10 更新プログラム』のお知らせがデスクトップにうるさく出るので、中断して更新しました。
新機能が増えたようですが、これを理解し、使うまでにはまた時間がかかりそうです。
2018_05
05
(Sat)09:01

長篠合戦のぼりまつり

5月5日子供の日に愛知県新城市の長篠合戦のぼりまつりに行ってきました。
長篠合戦のぼりまつりは長篠城址でおこなわれます。
長篠城址は愛知県新城市長篠にあり、新東名 新城ICから国道151号を東栄方面に約5kmほどのところです。
長篠合戦のぼりまつりは、長篠の戦いで倒れた両軍将士の霊を慰めるために行われる祭りで、関係将士の紋入りのぼり数千本が献植されます。
鎧・兜に身を固めた鉄砲隊による火縄銃の演武や勇壮な和太鼓、合戦行列なども見られ、物産展も開催されます。
今回で2度目の訪問ですが、なかなか面白いです。

ふれあいパークほうらいで見つけたマンホールの蓋
DSC_0508 (480x640)
最近マンホールの蓋のデザインに目が行きます。
市や町によっていろいろなデザインがありますね。
鳳来町のホソバシャクナゲ、鳳来寺杉、コノハズクのデザインです。

ふれあいパークほうらいが、臨時駐車場になっているので、車を停めてシャトルバスで現地に向かいます。
DSC_0509 (640x480)
5月だけあって、木々も草も新緑で清々しいです。
ふれあいパークほうらいもなかなか広くて遊べそうですね。

シャトルバス乗り場
DSC_0511 (480x640)

シャトルバス
DSC_0591 (640x360)
15分毎なので、待ち時間は少なくすぐに乗り込めました。

長篠城祉
DSC_0512 (640x480)

DSC_0513 (640x480)

DSC_0514 (640x480)
長篠城は本丸の土塁と堀の一部を今に残し、戦国末期の城郭の姿をよく見せています。
長篠の戦いは天正3年(1575)5月武田勝頼軍1万5千が、徳川家康の将奥平貞昌将以下5百が守るこの長篠城を包囲し、攻防約10日、織田信長3万、家康8千の援軍は設楽原に陣を敷きます。
武田軍は長篠城の囲みを解いて設楽原に進出し、夜明けとともに織田・徳川軍の陣地に突入し壮絶に戦いますが、数千梃の銃撃にさらされ敗走しました。
長篠城祉史跡保存館には武具や出土品、古文書などを収蔵、長篠の戦の全容を展示資料で見ることが出来ます。
奥平氏籠城の血染めの陣太鼓、火縄銃、長篠合戦図屏風なども展示されています。

長篠城祉・史跡保存館
DSC_0515 (640x360)

顔ハメ看板
DSC_0516 (360x640)

歴代長篠城主
DSC_0517 (360x640)

長篠城縄張概図
DSC_0518 (360x640)

史跡長篠城祉石碑
DSC_0519 (360x640)
国指定史跡になっています。

説明
DSC_0520 (640x360)
永正5年菅沼元成初めて之を築き、天正3年長篠役後廃城となる。

和太鼓演奏(紅太鼓)
DSC_0521 (640x360)

DSC_0529 (640x480)

DSC_0533 (640x480)

DSC_0522 (480x640)
本丸土塁を少し上ったところに石碑がありました。

御手植の松
DSC_0523 (480x640)

久邇宮良子女王 御手植の松
DSC_0525 (480x640)
この黒松は設楽原決戦場視察の後、長篠城祉を視察し、御台臨記念として植えられた松です。

稲荷神社の鳥居
DSC_0526 (480x640)
本丸土塁の上に赤い鳥居がいくつか見えます。
土塁上の奥には社の跡があり、城藪稲荷様移転のお知らせ案内板がありました。
様々な願い事をかなえてくださると厚い信仰のありましたおとら狐を祀るお稲荷様は城址が文化財として保存されるため、城藪稲荷は大通寺境内(約8分)に移転しました。・・・だそうです。

城藪稲荷は長篠周辺に伝わる伝説の狐『おとら狐』を封じ祀った稲荷神社です。
おとら狐は長篠城の鎮守の稲荷に住んでいましたが、長篠の合戦の時に、鉄砲の流れ弾で左目を失明し、左足も痛めました。
長篠の合戦の後に長篠城が廃城となり打ち捨てられたため、おとら狐は怒って近在の人に取り憑くようになったそうです。
おとら狐に取り憑かれると左目、左足が悪くなると言われ、江戸時代に伏見稲荷に勧請しておとら狐を封じたとか。

堀跡
DSC_0527 (640x480)

火縄銃の演武
DSC_0535 (640x480)

DSC_0538 (640x480)

DSC_0540 (640x480)

DSC_0542 (480x640)

DSC_0544 (640x360)

DSC_0545 (640x360)

DSC_0549 (640x360)

DSC_0552 (640x360)

DSC_0556 (640x360)

DSC_0562 (640x360)

DSC_0564 (640x360)
火縄銃や大筒の音もなかなか迫力がありました。

火縄銃の演武がすんだので、隣の物産展(観光土産品店)に移動しようと城址入り口までくると、合戦行列がちょうど城址に入ってくるところでした。

合戦行列
DSC_0565 (360x640)

DSC_0566 (640x360)

DSC_0567 (640x360)

DSC_0568 (640x360)

DSC_0569 (360x640)

DSC_0570 (360x640)

DSC_0571 (640x360)

DSC_0572 (640x360)

DSC_0573 (360x640)

DSC_0574 (360x640)

DSC_0575 (640x360)

DSC_0576 (360x640)

DSC_0577 (360x640)

DSC_0578 (360x640)

DSC_0579 (360x640)

DSC_0580 (640x360)

DSC_0581 (640x360)

DSC_0582 (360x640)

DSC_0583 (360x640)

DSC_0584 (360x640)

DSC_0585 (360x640)

DSC_0586 (360x640)

DSC_0587 (360x640)
目の前を通り過ぎるのをひたすら焦って撮影したので、誰が誰やらわからずじまいです。
結構長い合戦行列でした。

こちらのお二方は行列から外れていらしたので、武将・お姫様撮影会の方でしょうか?
「写真撮らせてください♪」とお願いするとにこやかにほほ笑んでくれました。
DSC_0588 (360x640)
自前のおひげがあって、赤い甲冑がお似合いの笑顔が素敵な武将さんでした。

DSC_0589 (360x640)
こちらの方も恰幅が良く鎧姿が板についていますね。

物産展では猪肉のごはんや、猪肉コロッケなど地域の特産品がいろいろ販売されていました。
色々食べて帰ってきました。
晴天で良かったです。

2018_05
03
(Thu)22:27

お庭改装!リアル人工芝導入

バラ オレンジ  四季咲き中輪
DSC_0505 (640x480)
ホームセンターでバラのオレンジを見つけました。
ちょうど値引きされていたのでついつい購入しました。
最近バラの苗にはまっています。
お庭にバラが増えていきますが、行きつく場所はバラ園でしょうか?
夢だけが広がっていきます。

ポリエチレンのジョイント式マット人工芝を、長年庭と通路に敷き詰めていましたが、歩く場所はやはり劣化が激しく、ボロボロになったので、思い切ってリアル人工芝を購入することに決めました。
ホームセンターを見て歩きましたが、値段が高く踏み切れず迷っていたところ、ネット購入は安いという話を聞いて調べてみました。
はっきり言って半値で買えます。
品物はどうなんでしょうか?
現物が見られないのが少々不安です。
購入した方のカスタマーレビューを見て参考に、売れ筋人気商品を調べ、迷いに迷った挙句購入に踏み切りました。
選んだポイント
1、耐久年数
2、配送がゴールデンウイーク中に間に合うこと。
3、掃除がしやすい(枯葉など)
以上の条件より以下に決めました。
【タンスのゲン リアル人工芝 【高耐久2層構造】 ロール マット 芝丈 20mm U字ピン20本付 幅1m×10m 夏色グリーン 】
4月29日ネット注文。
4月30日配達。
アマゾンで注文すると次の日の昼には配達されました。
さすがアマゾン早すぎる。
ゴールデンウイークの前半は、ジョイント式マット人工芝の撤去と、リアル人工芝の張替えで終わりました。
リアル人工芝は重みがあるので、敷いただけで綺麗に収まりました。
物干しの下は快適です。
DSC_0504 (399x640)
気になることが一点。
日に当たると暑いらしいです。
夏場の気温の上昇が少々心配です。
今の時期は最高ですかね。
見た目が綺麗です。
かなり本物に近いです。
結果大満足です。