FC2ブログ
2018_04
27
(Fri)09:05

4月の庭の花『バイカイカリソウ・フジとクマンバチ他』

あっという間に5月ですね。
ゴールデンウイークはどこにも行かず、庭のお手入れをする予定です。

4月はあまりにも陽気が良かったので、庭のあちこちで次から次へと花が一度に咲きました。

4月15日撮影
バイカイカリソウ(梅花碇草) メギ科の多年草。イカリソウ属の一種
DSC_0313 (640x480)

DSC_0320 (640x480)

DSC_0321 (640x480)

4月19日撮影
プリムラ サクラソウ科サクラソウ属
DSC_0326 (640x480)

DSC_0327 (640x480)

DSC_0363 (640x480)

DSC_0331 (640x480)

DSC_0332 (640x480)

DSC_0362 (640x480)

ハナニラ(花韮)ロルフフィドラー ネギ亜科ハナニラ属に属する多年草。
DSC_0333 (640x480)

DSC_0339 (480x640)

ハナニラ(花韮)イフェイオンユニフローラ
DSC_0334 (640x480)

DSC_0338 (640x480)

DSC_0348 (640x480)

フジ(藤)マメ科フジ属のつる性落葉木本。
DSC_0344 (480x640)
4月の陽気が暖かかったせいか、早くも藤の花が咲き始めました。

4月21日撮影
セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)アシュガ、セイヨウキランソウ シソ科 キランソウ属(アジュガ属)
DSC_0352 (480x640)

DSC_0361 (640x480)
手入れなしで、毎年勝手に増えていくので、グランドカバーにしても素敵です。
一面に咲きそろって紫のじゅうたんのようになりました。

ツリガネスイセン(釣鐘水仙) ヒアシンソイデス属。 ユリ科 シラー属(スキラ属) 耐寒性球根多。
DSC_0356 (640x480)

DSC_0358 (640x480)

DSC_0359 (640x480)

フジ
DSC_0364 (640x480)
段々上から花が開いてきました。

4月22日撮影
DSC_0389 (480x640)

DSC_0390 (480x640)

クマバチ(熊蜂)ミツバチ科クマバチ属に属する昆虫
DSC_0401 (640x480)
クマバチ(キムネクマバチ)は、フジなどの花に活発に訪花するのがよく見られます。
羽音が大きいのと身体が大きいのでちょっと恐怖心をあおりますが、性質はきわめて温厚でひたすら花を求めて飛び回り人間にはほとんど関心を示さないと言われています。
我が家の藤にもしっかり訪れ、藤の写真を撮っている間中、ブンブンと羽を鳴らしながら蜜を集めていました。
DSC_0420 (640x480)

DSC_0424 (480x640)

DSC_0430 (480x640)

DSC_0432 (480x640)

DSC_0452 (640x360)

DSC_0453 (640x480)

スカビオサ(西洋松虫草)スイカズラ科 マツムシソウ属(スカビオサ属)常緑多年草。別名リンボウギク
DSC_0383 (480x640)

DSC_0385 (640x480)

DSC_0387 (640x480)
娘が可愛い花を見つけたと言って買ってきました。
丸くてポンポンしていて確かに可愛らしいですね。

シャガ(射干 ) アヤメ科アヤメ属の多年草。
DSC_0407 (640x480)

DSC_0408 (480x640)

DSC_0410 (480x640)
今年は花つきがよかったです。
やや湿ったところに群生するそうで、日陰でもよく育ちます。
根茎は短く横に這い群落を形成するので、ほったらかしでもつるが這っていって良く増えます。
白っぽい紫のアヤメに似た花をつけるので切り花にも使えます。

4月27日撮影
スズラン(鈴蘭) スズラン亜科スズラン属に属する多年草。別名 君影草、谷間の姫百合。
DSC_0462 (480x640)

DSC_0478 (480x640)

DSC_0479 (480x640)
花には強い芳香があり、植えっぱなしで、勝手に増えていきます。

バラ(薔薇)イエロー バラ科バラ属。
DSC_0464 (480x640)

DSC_0467 (480x640)

DSC_0470 (640x480)
四季咲きの黄色のバラが欲しくて蕾の時に購入しました。
見事に咲きました。

ブルーベリー  ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹。
DSC_0472 (640x360)

オダマキ(苧環)紫  オダマキ属は、キンポウゲ科の属の一つ。別名 アキレギア、アクイレギア。
DSC_0481 (640x480)

オダマキ(苧環)白 
DSC_0490 (640x480)

DSC_0492 (640x480)

DSC_0498 (640x480)

DSC_0501 (640x480)

オダマキ(苧環)ピンク
DSC_0493 (480x640)

DSC_0494 (480x640)

DSC_0497 (640x480)
オダマキは3色咲きました。

ミヤコワスレ(都忘れ)キク科ミヤマヨメナ属の植物。別名 野春菊(ノシュンギク)、東菊(アズマギク)。
DSC_0483 (640x480)

DSC_0484 (640x480)

DSC_0486 (640x480)
紫もありますが、今年はピンクの方が早く咲きました。

ツルニチニチソウ(蔓日々草)はキョウチクトウ科の常緑蔓性植物の一種。別名つる桔梗。
DSC_0488 (480x640)

DSC_0489 (480x640)
茎が地表を這い、節から根を下ろして広がります。
茎が良く伸びて増えます。
スポンサーサイト



2018_04
14
(Sat)14:25

花フェスタ記念公園

4月14日土曜日に岐阜県可児市瀬田にあるい行ってきました。
東海環状自動車道可児御嵩ICから車で5分です。
駐車場入り口には本日無料の立て看板が・・・・・
これはラッキーです。

花フェスタ記念公園
DSC_0190 (640x480)
通路を挟んで左右が駐車場

東ゲート入口
DSC_0191 (640x479)

本日見頃の花の紹介
DSC_0192 (480x640)

チューリップパンジー
DSC_0193 (640x480)

DSC_0194 (640x480)

DSC_0195 (640x480)

DSC_0196 (480x640)

DSC_0197 (480x640)

DSC_0198 (480x640)

DSC_0199 (480x640)

ロードトレインポッポ
DSC_0202 (360x640)

DSC_0203 (640x360)
東西ゲート間を走る園内バスで、東西ゲートより発車しています。
片道約15分ほどです。
赤色と青色があり、かわいいですね。
乘りたいですが、健康のため頑張って歩きます。

バラの写真看板
DSC_0204 (640x360)
バラが咲いた時はこんなの感じです。

ベニバナトキワマンサク  マンサク科 トキワマンサク属
DSC_0207 (640x480)

リムナンテス  リムナンテス科 リムナンテス属
DSC_0208 (640x480)

オオテマリ(大手毬)  スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。
DSC_0210 (640x480)

DSC_0214 (640x480)
アジサイに似ています。
初めはアジサイだと思っていました。

ネモフィラ(インシグニスブルー)  ハゼリソウ科 ネモフィラ属
DSC_0211 (640x480)

DSC_0212 (640x480)

DSC_0215 (640x480)

DSC_0218 (640x480)
遠く一面水色が見えます。

ネモフィラの水色のじゅうたんです。
DSC_0221 (640x480)

DSC_0225 (640x480)

DSC_0227 (640x480)

DSC_0229 (480x640)

ツバキ
DSC_0231 (480x640)

DSC_0234 (640x480)

ハナミズキ
DSC_0232 (640x480)

ハナズオウ
DSC_0235 (640x480)

ハナモモ
DSC_0239 (640x480)

DSC_0240 (640x480)

DSC_0241 (640x480)

フェスタタウンで少し休憩してバラのソフトクリームを食べました。
バラの香りがします。
反対側のローズガーデンの前に花売店がありました。

花売店のバラ
DSC_0248 (480x640)

DSC_0251 (480x640)

DSC_0252 (480x640)

DSC_0253 (480x640)

DSC_0254 (480x640)

DSC_0255 (480x640)

DSC_0257 (480x640)

DSC_0258 (480x640)

DSC_0259 (480x640)

DSC_0260 (480x640)

DSC_0261 (480x640)

DSC_0262 (480x640)
園内のバラは残念ながらまだ咲いていないので、せっかくなので売店の花を撮ってきました。
同じ考えの人が幾人か見えて、皆さまカメラを構えて撮っていらしゃいました。
バラの苗1080円。
土のバラも大輪で綺麗でした。

パンジー
DSC_0264 (640x480)

DSC_0265 (640x480)

チューリップ
DSC_0268 (640x480)

DSC_0270 (480x640)

DSC_0266 (640x480)

DSC_0269 (640x480)

モロッコロイヤルローズガーデン
DSC_0271 (480x640)

DSC_0273 (480x640)

花の地球館(大温室)
DSC_0275 (640x480)

DSC_0276 (640x480)
イーゼルに置かれた額縁の中に草花が植えられています。

DSC_0277 (640x480)

DSC_0278 (480x640)

DSC_0279 (480x640)

DSC_0280 (640x480)

DSC_0282 (640x480)

温泉くま
DSC_0283 (480x640)
くまさんくつろいでいますね。

DSC_0284 (640x480)

DSC_0285 (640x480)

DSC_0286 (640x480)

テーブル
DSC_0287 (640x480)

椅子
DSC_0288 (640x480)


DSC_0289 (640x480)

観覧車とバルーン
DSC_0290 (640x480)

トラック
DSC_0291 (640x480)

DSC_0292 (640x480)

アンスリウム
DSC_0293 (640x480)

モンステラ
DSC_0294 (640x480)

オブジェ
DSC_0295 (480x640)
肩に鳥を乗せて泣いている少年。
周りに花も咲いてないので、淋しそうです。

ストックとデイジー
DSC_0296 (640x480)

噴水
DSC_0298 (640x480)

ロードトレインポッポ
DSC_0299 (640x480)
出口付近で、赤色のロードトレインポッポとすれ違いました。

DSC_0300 (640x480)

サクラ
DSC_0303 (640x480)

東ゲートから出ると駐車場横に八重桜が咲いていました。
バラの咲くころにまた訪れたいと思います。
2018_04
13
(Fri)10:29

4月庭の花『イトハズイセン、ムスカリ、カリン他』

新年度でばたばたしているうち、あちらこちらでいっきに花が咲き始めました。
特に今年は咲き始めが早いような気がします。

4月7日撮影
キズイセン(黄水仙)ヒガンバナ科スイセン属、ユリ科。 別名イトハズイセン(糸葉水仙)、ジョンキルスイセン。
DSC_0135 (480x640)

DSC_0162 (480x640)
匂いスイセンともいわれ、、小さな花から甘い香りがします。

ムスカリ ツルボ亜科ムスカリ属
DSC_0148 (480x640)

DSC_0151 (480x640)

DSC_0156 (480x640)

DSC_0159 (480x640)

スノーフレーク  ヒガンバナ科の植物の1つでクロンキスト体系ではユリ科。別名スズランスイセン(鈴蘭水仙)。
和名はオオマツユキソウ(大待雪草)。
DSC_0143 (640x480)

4月13日撮影
カリン(花梨)バラ科の1種 落葉高木。
DSC_0174 (480x640)

DSC_0176 (640x480)
カリンの木は枝が空に向かって長く伸びるので夏の間剪定を繰り返しているうちにいっこうに花は咲かず実も出来ません。
昨年は花を一つ見つけましたが、撮影の途中ポロリと花が落ちてしまいました。オーマイガット!(なんてこったい!)
今年は同じ枝に蕾を3個見つけました。
その一つが開きました。
カリンの果実はカリン酒、砂糖漬け、コンポート、リキュール等に加工されます。
カリンの果実に含まれる成分は咳や痰など喉の炎症に効くとされ、のど飴に配合されていますよね。
我が家でも花梨を漬けて、風邪を引いた時などお湯で割って飲んでいます。
昔は実がなっていたそうですが、明らかに下手な剪定が原因ですね。
何とか大きな実に育ってくれるといいのですが・・・・。

カリンの実がつきやすい剪定方法

1.剪定の適期
遅くても3月までには済ませる、7月に枝の付け根から5~6芽ほどのところで切る。

2.短枝を残す
カリンは、充実した短枝の先の方に花芽を形成するので、短枝を切り落とさないようにする。
短枝をさらに増やすためには、徒長枝を切り詰めます。
切る目安として10芽くらい残すか、枝先から3節を切り落とします。
横方向に伸びた枝も大事にします。
ということなので、参考に頑張って見ます。

ところで素朴な疑問ですが、花が咲けば必ず実になるのでしょうか?
カリンの花芽はめしべ、おしべ、子房のある雄雌同花なので、一個の花でも果実になるそうです。
安心しました。

セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)アシュガ、セイヨウキランソウ シソ科 キランソウ属(アジュガ属)
DSC_0179 (480x640)

プリムラ サクラソウ科サクラソウ属
DSC_0182 (640x480)
2018_04
10
(Tue)11:23

開かなくなったダイヤル式南京錠

8日の日曜日は4月だというのに雪がちらつきました。
4月の第1週の夏日のような天気とはうってかわって気温も下がり風も冷たく冬に逆戻りした感じです。
冬物を片つけてしまったので、薄着を重ね着して過ごしています。

職場のとある場所のカギが壊れたので昨年南京錠に変えました。
番号さえ知っていれば鍵は不要なので使い勝手はよかったのですが、先日番号を合わせても開かなかったらしく、早朝職場から呼び出されました。
前日、U字ロックのところが鍵の穴の外に出たままの状態で下に降りていて番号を合わせても上にひき上げられないので、鍵が閉めれず苦労しました。
番号を少しずらして閉めてきたこと思い出し、赤い線より少しずらすとすぐに開きました。
30分間開けられず困っていたそうです。
下が問題の鍵
 
南京錠 ダイヤル式 ロック  4桁 可変式
南京錠
購入した時は使いやすそうでしたが、職員の半分は老眼が進みダイヤルの数字が見にくくなったようです。
因みに自分も暗いとほとんど見えません。

説明書をなくしたので、ダイヤルのリセット方法が解らずネットで調べてみました。

HINOMOTO 927ダイヤル南京錠 ブラック
ダイヤルロック設定方法説明書
kagisettei (640x389)
似たような形の鍵なのでこれでいいかな?
まあ鍵の番号設定なんてどれも同じですよね。
すごく安易な考えですけど。
でもこれなんかわかりにくくないですか?
何でもいいからとりあえずやってみました。

設定し直すと、今度は鍵が閉まった状態で全然開かなくなってしまいました。
やれやれ仕事になりません。

最初に鍵が開かなかった原因はU字を押し下げた状態で無意識にダイヤルをかまってしまい番号が再設定されてしまったようです。
開けたのち今度は新しく番号を設定しようとして、設定の仕方を間違えた?かな?
というか冷静に考えればこの鍵と上の鍵では物が違いますよね。
すべてのダイヤル式の鍵の番号設定は同じという考えは甘かったです。

今度はダイヤルを忘れた時の対処法で検索してみました。
鍵のトラブル救急車

【対処法1】「000」から「999」まで合わせてみる
ダイヤル式の場合3桁のものや4ケタのものなどがありますが、思い当たる番号を合わせてみても開かない場合は「000」や「0000」から「999」または「9999」までの数字を一通り合わせてみましょう。・・・とあります。

鍵の開かなかった30分間これをしていたそうです。
4桁なので、かなり時間と労力と忍耐が必要ですね。

【対処法2】ツルを引っ張りながら順に合わせてみる
ツルを引っ張りながら、番号を順に合わせていき緩みを感じることで番号を探していくことが出来ます。
「000」または「0000」にダイヤルを合わせます。
ツルを引っ張りながら下一桁を1から順番に合わせていきます。
3桁の場合「001」→「002」→「003」…というように合わせます
このとき、間違った番号の場合は固く動きませんが、番号があっているときは少し隙間ができ、緩む感覚がします
下一桁がわかったら、続いて十の位も同じように引っ張りながら1から順番に合わせていきます。
例えば下一桁が1だった場合「011」→「021」→「031」…というように合わせます
上記の方法で百の位→千の位と合わせていくことで、解錠することが出来ます。・・・・・とのこと。

これをやってみました。
目を閉じてU字部分を引っ張りながら番号を順番に回しました。
ゆるむというか、音が違うというか、感覚的に何となく違いが判ります。
30分程で開きました。 
やった!\(^o^)/
私でも30分で開けられたということはセキュリティーの上でかなり不安が残りますが、本当に困っている皆様は是非参考になさってください。

後日同じような鍵の説明書をネットで見つけました。

yahooショップ店ほっとストア
南京錠 ダイヤル式銅南京錠 セキュリティ 4桁 可変式 
鍵リセット方法 (640x603)
上の物と番号設定方法が微妙に違います。
とりあえずコピーして職場に保管しておきました。


ところでパソコンに表示されているネットの画面を保存するにはどうしたらよいのでしょう。
「PrintScreen」キーを利用することを初めて知りました。
そんなキーがキーボードにあったのですね。
恥ずかしながらまったく知りませんでした。

キーボードの上部に「PrtSc」と書かれたキーがあります。
このキーは表示されている画面をキャプチャー(画像保管)するためのキーだそうです。
画像を貼り付けることができるソフトウェアのペイントにキャプチャーした画像を貼り付けて保存します。
1、 保存したい画面が表示されている状態で[PrintScreen]キーを押します。
2、ペイントを起動します。
3、貼り付けをクリックします。
4、ファイルをクリックし、[名前を付けて保存]を選択します。
これはかなり都合がいいですね。
今回かなり役立ちました。
2018_04
05
(Thu)06:52

4月の庭の花 『源平花桃・スイセン・プリムラジュリアン他』

4月になりましたね。
桜の花も暖かい日が続いたせいか例年より早く開花し、春休み中に満開を迎えました。
おかげで入学式頃は葉桜となりそうです。
春休みに新しいランドセルを背負って、満開の桜の木の下で入学式の前撮りをしている親子を見かけました。
入学式は満開の桜の下で記念写真が撮りたいと思うのは親心ですね。
青空の下桜の木の下で満面の笑顔とランドセルがピカピカ輝いていました。

天気のいい日が続きましたが、花粉の季節でもあります。
鼻炎に悩まされ鼻炎の薬りを飲み、目薬とマスクをして春休みを過ごしました。
いつまで続くことやら、鼻水をすすりながらティシュでいっぱいのゴミ箱を恨めしく見つめています。

気温も上がって庭の花も徐々に咲き始めました。

4月1日撮影
スイセン(水仙)  香り水仙 房咲き 黄房スイセン
DSC_0038 (480x640)

DSC_0053 (640x480)

プリムラジュリアン サクラソウ科の常緑多年草
DSC_0042 (640x480)

DSC_0044 (640x480)

DSC_0046 (640x480)

DSC_0047 (640x480)
白は寒さに強く庭で増え続けています。

スナックエンドウ(つるあり)
DSC_0048 (640x480)

DSC_0051 (640x480)
ホームセンターに苗が出ていたので購入してプランターに植えました。
花には、白花種と紅花種がありますが昨年は紅花種だったので、今年は白花種にしてみました。
つるあり種とつるなし種がありますが、つるあり種の方が長い間収穫が楽しめるそうです。
目隠し日よけになるようにつるあり種にしました。
スナックエンドウは茹でてマヨネーズを付けて食べると美味しいです。
成長が楽しみですね。

ハナニラ(花韮)ユニフローラ ネギ亜科ハナニラ属に属する多年草。
DSC_0055 (640x480)

DSC_0057 (640x480)
冬の間に細い葉が伸びすぎて軒下の道にはみ出てしまうので、時々葉の先端を少し切りますが、ハナニラというだけあってニラのにおいがします。

ジンチョウゲ
DSC_0059 (640x480)

DSC_0060 (640x480)
ジンチョウゲ満開です。

源平花桃 立ち
DSC_0039 (640x480)

DSC_0063 (480x640)

DSC_0065 (480x640)

DSC_0066 (480x640)

DSC_0067 (480x640)

4月3日撮影
DSC_0080 (640x480)

DSC_0082 (640x480)

DSC_0084 (480x640)

DSC_0085 (480x640)

DSC_0087 (480x640)

DSC_0088 (640x480)

DSC_0089 (640x480)
昨年春に庭に植えた花桃が一年たちました。
心配していましたが無事見事に花を咲かせました。
花数も増え心なしか花も大きいような気がします。
嬉しすぎて次々に開く蕾に心ウキウキです。

スイセン
DSC_0100 (480x640)

4月4日撮影
ハナニラ(花韮)ロルフフィドラー
DSC_0107 (640x480)

DSC_0108 (640x480)

花桃 
DSC_0106 (480x640)
朝8時ごろ

DSC_0116 (480x640)
夕方6時頃

DSC_0117 (480x640)

DSC_0118 (640x480)

DSC_0119 (480x640)

DSC_0120 (480x640)

DSC_0123 (480x640)

DSC_0124 (480x640)

DSC_0125 (480x640)

DSC_0126 (480x640)

4月5日撮影
DSC_0127 (480x640)
4月1日はほぼ蕾だったのが、2日、3日、4日と一気に気温が25度前後に上がったため、花がどんどん開きました。
5日は花桃満開です。(o^―^o)ニコ