FC2ブログ
2017_11
28
(Tue)22:26

誕生日

11月28日は誕生日でした。
忙しさに紛れ自分の誕生日はいつも忘れがちです。
ところが最近は誕生月になるとあちらこちらから『誕生日おめでとう』のメッセージが届きます。
本来ならば嬉しいところですが、悲しいかなダイレクトメールです。
バースデーDMといってお客様の誕生月の2~3週間前くらいに、はがきが発送されます。
内容は誕生月の1ヶ月間のみの期間限定で、割引特典だったり、粗品プレゼントやポイントプレゼントなどです。
まあそれはそれでいいのですが、なんだか淋しさを感じます。
人生半分も過ぎれば『誕生日を祝って』というのも変ですが、ぬくもりが欲しい今日この頃です。

スマホはドコモなので、しゃべってコンシェルアプリのマチキャラ『ひつじのしつじ』君もお誕生日を祝ってくれました。

壁紙プレゼント
birth_wp_WXGA (400x640)
お誕生日限定壁紙プレゼントでもらった壁紙です。
マチキャラに癒されています。

いつも通り夕食を食べて片付けをしていたら、娘がサプライズで誕生日ケーキを買っていました。
『おかあさ~んケーキ食べるよ!』

オレンジとレモンのフルーツデコレーション(直径16cm)
DSC_0274a (640x480)
中はココアスポンジでチョコレートムースがサンドされていて、その上には甘酸っぱいオレンジムースとレモンムースがあり、色鮮やかなフルーツが飾り付けられています。
柑橘系のムースの2つの味が楽しめます。
さっぱりとした美味しさでした。

娘に誕生日を珍しく祝ってもらえて、単純な母はご機嫌でした。

スポンサーサイト



2017_11
19
(Sun)10:18

道の駅 『茶の里東白川』

紅葉を求めてドライブです。
道の駅 『茶の里東白川』に立ち寄りました。
道の駅茶の里東白川は岐阜県加茂郡東白川村越原にあります。

道の駅茶の里東白川
DSC_0252 (640x480)

DSC_0254 (640x480)
東白川村は、岐阜県の東部に位置し、標高1,000m級の山々に囲まれ、総面積の9割が山林で、高級建築材ブランド『東濃ひのき』の主産地です。
東西に清流『白川』が流れ、川から立ちこめる朝霧が遮光と保温効果を生み出し、香り高い良質な茶葉を育み、『白川茶』となりました。
『ツチノコ』目撃例日本一。
目撃例は23件に及び、ビール瓶くらいの太さで蛇行せず俊敏に移動する新種の生物で『ツチノコ』とよばれています。

DSC_0251 (480x640)
こんなに可愛くはないと思いますが、太めの短い蛇のような生き物らしいです。
一時期ツチノコ探しがブームになりました。
『賞金123万円はあなたがGet』とホームページに掲載されていましたが、今でも有効なのでしょうか?
この時期はクマに遭遇しないか心配ですが、ツチノコも冬眠するのでしょうかね。

つちのこ焼き  
無題

主人が頭を半分食べて尻尾を持ってきました。
小豆あんが入っていました。
たい焼きではなく、つちのこ焼きです。
頭はなかったけど、美味しかったです。

紅葉ですが山の木々は黄土色でかなり期待外れでした。
途中から天気も崩れ小雨まじりの北風が吹く寒い日になってしまい、家路を急ぎました。
2017_11
17
(Fri)10:38

11月の庭の草花  『サザンカ・ナンテン・他』

先週1週間でぐっと気温が下がりました。
近くの山はうっすらと雪化粧しています。
どうりで寒い訳ですね。

庭に植えた山茶花の苗木は、蕾が徐々に膨らみはじめ、待ち望んだ花がようやく開きました。
花がなくなって寂しくなった庭で艶やかに咲いています。

サザンカ
DSC_0235 (480x640)

DSC_0246 (480x640)

DSC_0233 (640x480)

DSC_0261 (640x480)

DSC_0264 (480x640)
花弁はほんのり薄桃で外側は桃色が濃く優しい感じのイメージ通りの花でした。

ナンテン(南天)メギ科ナンテン属の常緑低木。
DSC_0247 (640x480)

DSC_0248 (640x480)

シロナンテン(白南天)
DSC_0236 (640x480)

DSC_0238 (480x640)
我が家の庭には赤と白の南天があります。
赤南天は紅葉しますが、白南天は常緑で冬でも葉の緑が鮮やかです。
南天の木は家の周りのところどころにありますが、白南天の木は庭にあるこれが唯一です。
白南天の方が数が少なく珍しいようですね。

南天(ナンテン)は『難転』難を転ずるということから、縁起の良い木とされ、鬼門または裏鬼門に植えるといいと言われています。
福寿草とセットで『災い転じて福となす』とも言われているそうです。
『南天が増える家は縁起がいい』とか。
これは義母の口癖です。
そんな訳で、我が家の南天は一度も切られることなく育ちっぱなしにしていたので、株も増え、背丈も伸び放題でした。
昨年雨樋の修理を口実にして、そばにあった南天を剪定しました。
縁起のいい南天を剪定したので、内心罰が当たらないかとひやひやしていましたが、すっきりこじんまりした南天は、そのおかげか今年は実の付きが良く、たわわに実っています。

南天は落ちた実から芽が出ることも多いようで、特に家の周りは植えた覚えのないところから勝手に芽が出て自生しています。
側溝とフェンスの間5㎝程の隙間に根づいて大きく育った南天の根が、側溝のコンクリートの蓋を押し出し隙間が大きく空いてしまったので、2メートル以上伸びていた南天の根元を今年の春に切りました。
現在は新芽が伸びて、すでに70㎝程になっています。
恐るべき生命力です。  

チャノキ(茶の木)ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
DSC_0239 (480x640)

DSC_0240 (480x640)
お茶の木の花はツバキ科だけあってツバキの花に似ています。
小さくて可愛らしいですね。
短い柄でぶら下がるように下を向いて咲くので、カメラで覗き込む感じで撮るのでたいへんです。

ピラカンサス バラ科トキワサンザシ属
DSC_0242 (640x480)
木にとげがあるので剪定するときは手が傷だらけになります。
ヒヨドリが冬になると実を食べにやってきますが、今年は強剪定しすぎて裸になってしまいました。

オモト(万年青)スズラン亜科の常緑多年草。
DSC_0244 (640x480)
赤い実がついていました。

秋の紅葉がすむと、冬は木々も裸になり、地面は枯葉が覆いつくし、寒々とした景色に変わっていきます。
そんな中に赤い実があるとそこに小さなぬくもりを感じます。



2017_11
03
(Fri)19:32

夕森公園もみじまつり

11月3日文化の日に岐阜県中津川市川上にある夕森公園のもみじまつりに行ってきました。
夕森公園もみじまつりは今回で二度目になります。
以前はあいにくの雨だったのですが、当日は秋晴れの良い天気となり、期待していた紅葉も綺麗でした。

清流ともみじの里『かわうえ』にある夕森公園は『岐阜県裏木曽県立自然公園』に含まれる雄大な大自然に包まれた自然公園です。
公園には日本300名山の一つ『奥三界岳』や岐阜県の名水50選に指定されているパワースポット『竜神の滝』をはじめとする5つの滝があります。
秋には1万5千本以上の燃えるような紅葉が見られます。

駐車場に車を停めて、上を眺めると夕森名物『ど根性もみじ』が出迎えてくれました。

ど根性もみじ
DSC_0376 (480x640)
樹齢百年を超えるもみじの木は不思議なことに、大きな石の上に根を張っています。

DSC_0377 (480x640)

DSC_0378 (640x480)
青空のした鮮やかなj紅葉のグラデーションが見事ですね。

夕森公園ウォーキングマップ
DSC_0379 (640x480)
龍神伝説の森と滝めぐりウォーキングが楽しめます。

YOU游館
DSC_0380 (640x480)
レストラン売店

駐車場の総合案内所でパンフレットとスタンプラリーのチラシを受け取り出発です。

せせらぎ橋
DSC_0381 (480x640)
橋を渡って川沿いの遊歩道を歩きます。

DSC_0382 (640x480)
初めに竜神の滝を目指します。

DSC_0383 (640x480)

DSC_0384 (640x480)
川の水は透明度がすごく、エメラルドグリーンに輝いていました。

もみじ橋
DSC_0385 (640x480)
赤く塗られた人一人が通れるほどの小さな可愛らしい橋です。

DSC_0386 (640x480)

DSC_0387 (640x480)

DSC_0388 (480x640)

DSC_0389 (640x480)
燃えるような赤い紅葉です。

DSC_0390 (640x480)
夕森公園内には10ヘクタールもの敷地を誇る『夕森キャンプ場』があり、点在するバンガローの間の散策路を歩いて行きます。

DSC_0391 (480x640)

岐阜県の名水 竜神の滝
DSC_0392 (640x480)

龍神伝説碑
DSC_0394 (480x640)
この滝には白竜が棲み、夕森の山々を守っていると言い伝えられています。

夕森のかけ橋
DSC_0395 (640x480)

DSC_0397 (480x640)

DSC_0398 (640x480)
今回のつり橋はほとんど揺れなかったので中央で写真を余裕で撮ることが出来ました。

DSC_0400 (480x640)
橋を渡りながら、徐々に竜神の滝に近づいて行きます。

DSC_0403 (480x640)

竜神の滝
DSC_0404 (480x640)
落差12メートルの滝。
この滝に住む白竜が突然姿を現し天まで駆けのぼったという伝説がある神秘的な滝で、パワースポットとしても人気だそうです。

DSC_0405 (480x640)

DSC_0408 (480x640)

DSC_0409 (480x640)

DSC_0410 (480x640)

DSC_0411 (480x640)

DSC_0412 (480x640)
滝つぼ正面にかかる橋を渡り階段を登っていくと竜神神社lがあります。

DSC_0418 (640x480)

竜神神社
DSC_0419 (480x640)
龍神伝説に登場する神社です。
竜神絵馬に願い事を託せます。

記念写真用竜神パネル
DSC_0420 (640x480)

DSC_0421 (640x480)

DSC_0422 (640x480)
青空なので紅葉がさらに色鮮やかで綺麗に見えます。

ここ竜神神社から銅穴の滝まで約2.0kmとあります。
銅穴の滝はYOU游館から約2,5kmです。
ということは、YOU游館から竜神の滝は500mですか?
実際はくねくねと歩くので、もっとあるように思えましたが、紅葉の美しさに気を取られて歩いていると、あっという間の時間に思えます。

DSC_0423 (640x480)
次は約2Km先の銅穴の滝を目指します。

DSC_0424 (640x480)

DSC_0425 (640x480)

DSC_0426 (640x480)

これより先は国有林です。
徒歩のみの通行となります。
ゲートの右端から奥に進みます。
DSC_0427 (640x480)

DSC_0428 (640x480)

DSC_0429 (480x640)

DSC_0430 (640x480)

DSC_0431 (480x640)

忘鱗の滝
DSC_0432 (640x480)
忘鱗の滝は道沿いにあります。

DSC_0433 (480x640)
龍が昇竜の滝に向かう途中、この滝の山肌にぶつかり、ウロコを落としていったという伝説が名前の由来となっています。
落差は約20mです。

DSC_0435 (480x640)

DSC_0453 (480x640)

針、広葉樹合体木(サクラ、スギ、サワラ)
DSC_0447 (480x640)
老桜の根元から杉が生えて一体化しました。

DSC_0448 (480x640)

DSC_0449 (640x480)

DSC_0450 (480x640)
さらにその幹からサワラが芽生えました

DSC_0436 (640x480)
木々の生命力の強さに驚かされます。

いよいよ銅穴の滝です。
DSC_0437 (640x480)

DSC_0438 (640x480)
橋の奥に東屋が見えます。

銅穴の滝
DSC_0439 (480x640)
橋から撮るとこんな感じです。

東屋
DSC_0440 (640x480)

DSC_0441 (480x640)
銅穴の滝は落差約17mです。

東屋の奥より滝へと続く道なき道を通って、大きな石によじ登り滝つぼ近くまで行きました。
根性です。
他の皆様は東屋でスタンプラリーのスタンプを押すと道路わきの橋から写真を撮っただけで、さっさとUターンして立ち去ってしまいました。
もっと近くで、滝をみなくていいの?
ここまで歩いてきてもったいな~いと思うのは私だけでしょうか。

DSC_0444 (480x640)

DSC_0446 (480x640)
銅穴の滝のさらに奥にアゼ滝と一つ滝があります。
ここからアゼ滝までは約25分、一つ滝までは約45分かかるそうなので、ここ洞穴の滝までで折り返しました。
ちなみにYOU游館から銅穴の滝までの所要時間は約45分です。
これから45分かけて戻ります。

DSC_0454 (640x480)
ススキの白と紅葉が対照的で素敵だったので撮って見ました。

DSC_0455 (640x480)
道路わきへと山から川が流れてきています。
水があまりに綺麗だったので、つい水面に手をつけると、思いにほか冷たくて気持ちが良かったです。
汗ばんだ手を洗ってさっぱりしました。

DSC_0456 (480x640)

DSC_0457 (640x480)
紅葉前の緑のもみじ葉からこぼれる木漏れ日が青々としていて素敵でした。

熊出没注意の看板
DSC_0458 (480x640)
冬眠前の熊さんが食べ物を探しに来てもおかしくないほどの山です。

総合案内所でスタンプラリーのチラシを見せて、竜神神社の龍の絵馬をいただきました。
DSC_0236 (640x480)

DSC_0472 (640x480)
いいお土産が出来ました。

歩いた距離およそ7kmです。
紅葉狩りとウォーキングと滝めぐりが出来て有意義な文化の日でした。
2017_11
01
(Wed)23:11

秋晴れ

待ち望んだ秋晴れが続いています。
陽気もよく、日中の気温も上がり汗ばむほどです。

11月になったので気分を変え、テンプレートの背景を秋仕様にしてみました。
autumn-2902546_960_720 (640x423)
紅葉を背景にしてみたところ、赤がきつすぎて目が疲れたのでこちらにしてみました。
自分でカスタマイズするのはいいけれど、背景を決めるのはなかなか難しいです。
カスタマイズと言ってますが、精々文字を大きくするか、背景を変えるかですが・・・
ブログの更新さえのろのろなのに威張ったことは言えません。

無料素材で秋の写真をさがしていて、『Pixabay』(ピクサベイ)を見つけました。
Pixabayは著作権フリーの画像を提供しているサイトです。
しかもクオリティの高いものが多く、画像も豊富です。
画像を探すならこちらをお勧めします。
Pixabay

テンプレートも変えたので、11月は、はりきって紅葉狩りに出かける予定です。
秋晴れよ、まだまだ続いてくださいね。