FC2ブログ
2017_06
29
(Thu)11:31

6月の庭の花『ソバナ・テッセン他』

ソバナ (岨菜はキキョウ科ツリガネニンジン属の 多年草)
P6250134.jpg

P6250139.jpg

P6250140.jpg

P6250141.jpg

P6250142.jpg

P6250143.jpg
ソバナ満開です。

オオキンケイギク駆除のチラシ
IMG_20170630_0003 (452x640) (2)

IMG_20170630_0004 (453x640)
掃除をしていて、市の広報紙の中に『オオキンケイギク』駆除のチラシを見つけました。

これは家の庭にあるあの『オオキンケイギク』に間違いないですよね。
P6070021.jpg
先日急いで枯れた花から茎は切り取ったもののそのままにしてありました。

特定外来生物というと『ブラックバス』や『カミツキガメ』が良く知られていますが、『オオキンケイギク』は平成18年2月に在来の植物を衰退させるとして特定外来生物に指定されたそうです。
また日本生態学会により日本の侵略的外来種ワースト100に選定されています。

今さらですが、チラシを見て事の重要性を改めて理解しました。
このチラシは中部地方環境事務所から2016年05月12日 に特定外来生物『オオキンケイギク』の駆除の協力を呼びかけるもので、
駆除をしなければいけない外来生物とは言っても、外来生物自体に罪があるわけでは無く、見た目がキレイな花の姿になぜ駆除をするのかわからないとの声を受け、チラシを中部地方環境事務所で作成したそうです。

綺麗に咲いていたのでかわいそうに思いましたが、チラシの内容に従って根こそぎ抜いて袋に入れ可燃ごみに出し処分しました。

『オオキンケイギク』は特定外来生物として法律で栽培が禁止されています。
個人の場合、最高懲役3年以下、300万円以下の罰金、企業等の場合は1億円以下の罰金が科せられます。
とチラシに書かれていました。
これは大変な事です。
数週間前には、考えも及びませんでした。
知らないということは、恐ろしいことです。

ただ来年はこの花の姿が見られないので少し寂しいです。
人間の自分勝手に振り回される生物も気の毒ですね。


テッセン  キンポウゲ科センニンソウ属のつる性植物
P6280162.jpg

バラ 白
P6280172.jpg

P6280173.jpg

P6280176.jpg

バラ
P6280174.jpg
車庫のバラは第二弾が咲き始めました。

ムラサキカタバミ(紫片喰、紫酢漿草)カタバミ科カタバミ属の植物。
P6290179.jpg

P6290181.jpg

P6290189.jpg

P6290200.jpg

P6290202.jpg

P6290205.jpg

P6290206.jpg

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙 ) アヤメ科 ヒメトウショウブ属のクロコスミア オーレアとクロコスミア ポッシーの交配種。
別名クロコスミア、モントブレチア
P6290197.jpg

P6290199.jpg

黄花海芋(キバナカイウ) サトイモ科 オランダカイウ属(ザンテデスキア属)。別名カラー。
P6290207.jpg

P6290209.jpg

P6290210.jpg

P6290211.jpg
昨年は草に埋もれめだたなかったのですが、今年は黄色の色もしっかりついて咲いています。
スポンサーサイト



2017_06
23
(Fri)11:54

6月の庭の花『ツユクサ・ ヒペリカム・あじさいとカエル』

ムラサキツユクサが軒下で増えすぎたので、昨年少し株分けして植木鉢に植えてみました。
移動が出来るので玄関先に置いてあります。
背丈も伸びずまとまっていて鉢植えもいいですね。

ムラサキツユクサ(ツユクサ科ムラサキツユクサ属)
P6220065.jpg

P6220067.jpg

P6220070.jpg
水色の花が可愛くて一輪挿しに挿して窓際に飾っています。
なんとなく質素で、おとなしくて、好きです。

ヒペリカム オトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉小低木。
P6220074.jpg

P6220075.jpg

P6220076.jpg

P6220077.jpg

P6220078.jpg
オトギリソウ属のことをヒペリカムと呼びますがキンシバイとヒペリカムは同じではないようです。
ヒペリカムは花も綺麗ですが、どちらかというと実が人気で、キンシバイは花がメインだそうです。
よってキンシバイ(金糸梅)と思い込んでいましたが、ヒペリカムと呼んだほうが間違いないかと。
調べてみて気が付きました。
ヒペリカムはアジサイの隣でアジサイの葉に押されながら頑張って成長しています。
 
ハンゲショウ(半夏生) ドクダミ科の多年性落葉草本植物。
P6220094.jpg

P6220095.jpg

P6220097.jpg
葉はハート形の細長い形で、穂のような花のすぐ下の葉の表面が白く変化し、緑の葉の中に際立っています。
葉の一部を残して白く変化する様子から『半化粧』とよばれ、また、葉の片面(表面)だけが白くなることから古くはカタシログサ(片白草)とも呼ばれているそうです。
緑と白のコントラストから涼し気な感じがしますね。

ラベンダー (シソ科の背丈の低い常緑樹の1属)
P6220079.jpg

P6220082.jpg

P6220085.jpg

P6220089.jpg

P6220090.jpg

P6220092.jpg
ラベンダー満開です。
昨年思い切って短く剪定し、樹形を整えたので少々こじんまりとしました。


ニホンアマガエル(日本雨蛙)両生綱無尾目アマガエル科アマガエル属
P6230098.jpg
鼻筋から目、耳にかけて褐色の太い帯が通っています。
体色は腹側が白色で、背中側が黄緑色ですが、背中側は黒っぽいまだら模様の灰褐色にも変えることができ、保護色の一例としてよく知られるそうで、時々フェンスの白に合わせて灰色になっています。
玄関先に住みついているカエルです。
水を朝夕まくたびに雨と間違えるのかケロケロなきます。

『アジサイとアマガエル』
P6230099.jpg
アジサイの花が見られないので落ち込んでいたところ、ご近所の奥さまがアジサイを届けてくださいました。
手水鉢にしばらく挿して置いておくと、アマガエルが遊びに来てくれました。

P6230100.jpg
不安定な花びらの上をよじのぼっています。

P6230101.jpg

P6230103.jpg

P6230106.jpg

P6230110.jpg

P6230113.jpg
花びらを寄せてのぞいています。

P6230118.jpg
アジサイの花の中は涼しそうで居心地がよさそうです。
ここ落ち着けるかも。

P6230120.jpg

P6230122.jpg

P6230124.jpg

P6230129.jpg

P6230130.jpg

P6230131.jpg
あまりの熱い視線から逃れるようにお尻を向けて。
恥ずかしいよ。

P6230132.jpg
アジサイに飽きたのか、今まさに次の目的地にジャンプ!

あまりに可愛かったのでしばらく撮り続けました。
苦手な方ごめんなさい。
アジサイの花も撮れて満足です。(⌒∇⌒)
家じゅうの花瓶はアジサイ一色になりました。
淡い水色が素敵ですね。
あらためてご近所の奥様に感謝です。
2017_06
21
(Wed)13:06

空梅雨に恵みの雨です。

今日は久しぶりに朝から雨です。
風も吹いて少し荒れ模様ですね。
梅雨に入ってから初めての雨ということで、カラカラに乾いた地面には恵みの雨になっています。
草花もしっとり濡れてうれしそうです。

先日テレビのニュースで、静岡県静岡市を流れる安倍川で、川の水が途絶える『瀬切れ』という現象が起きているということを知りました。
『瀬切れ』とは降雨が少なく河川の流量が少なくなり、その状態が続くとやがて河床が露出して、流水が途切れてしまう状態のことをいうそうです。
水が干上がり窪み部分に水が残った状態で、取り残された小さな魚が泳いでいる映像が流されていました。
その中には例年賑わう鮎解禁の鮎の姿もありました。
安倍川は、静岡市で飲み水や生活用水に使われている川ということで、かなり深刻な状況だそうです。

考えれば確かに、最近川やダムのそばを通ると、どこもかなり水量が少なかったような。
今日の雨で少しでも川の水量が増えてくれるといいのですが、窓から見える空を眺めて願います。


梅雨と言えばアジサイの花を連想しますが、6月を代表する肝心のアジサイは今年は緑一色です。
アジサイの花が昨年強剪定しすぎて、今年は一輪も咲いていません。
ショックです。

倉庫の陰になり背が伸びすぎることと、隣の家の車庫に葉が落ちるため、木の背丈を150㎝程にしたいこともあって剪定を繰り返してきましたが、今年は剪定をせず、様子を見ることにしました。

アジサイの花の写真が撮れないので、自分をなぐさめるためスマホの『スケッチ』というアプリを最近見つけたので、それで描いてみました。

『アジサイとカタツムリ』
sketch-1497176466771 (360x640)
指で描けます。
なかなか楽しい。
こんな感じに描けました。

2017_06
16
(Fri)08:14

6月の庭の花『ノコギリソウ・ソバナ他』

ノコギリソウ (鋸草、蓍、蓍草は、キク科ノコギリソウ属の1種である。別名ハゴロモソウ(羽衣草)、ゴコウソウ(蜈蚣草)、ユウエンソウ(蚰蜒草))
P6160034.jpg

P6180040.jpg

ソバナ (岨菜はキキョウ科ツリガネニンジン属の 多年草)
P6180036.jpg

P6180037.jpg

P6180039.jpg
ソバナが下から順に花が咲き始めました。

イトバハルシャギク  (糸葉春車菊キク科ハルシャギク属の多年草)
P6180045.jpg

キンシバイ (金糸梅はオトギリソウ科オトギリソウ属の半 落葉小低木。別名 ヒペリカム)
P6180050.jpg

シロタエギク  (白妙菊はキク科キオン属の耐寒性多年草。別名 ダスティーミラー)
P6180056.jpg

P6180057.jpg

P6180064.jpg

ラベンダー (シソ科の背丈の低い常緑樹の1属)
P6180060.jpg
ラベンダーの花が咲き始めました。
2017_06
11
(Sun)07:22

6月の庭の花『アルストロメリア・ホオズキ他』

アルストロメリア   アルストロメリア属 。単子葉植物。別名ユリズイセン
P6070002.jpg

P6070003.jpg

P6070004.jpg

P6070005.jpg

ホオズキ(鬼灯)ナス科ホオズキ属。多年草。別名 カガチ、ヌカヅキ
P6070014.jpg

バラ(薔薇)バラ科バラ属 四季咲き 白
P6070019.jpg
我が家のバラの中では、白は一番発育がよく花がたくさん咲きます。

バラの花期について
四季咲き・・・開花後に伐り戻すと次に伸びる枝に花をつけて、次々開花を繰り返す性質。5月から11月位まで繰り返し咲きます。
一季咲き・・・春にしか花をつけないもの。つるバラは一季咲きの品種が多い。
返り咲き・・・春以降不定期に花をつけるもの。

長く花を楽しみたいので私は四季咲きが好きです。

オオキンケイギク(大金鶏菊) キク科の植物の一種。
P6070021.jpg
満開ですが、あまり喜んでもいられません。
オオキンケイギクは荒地の緑化などに利用されてきたので、この時期、河川敷や道端で一面黄色できれいに咲いていますが、繁殖力が強く、種子生産量は1平方メートルあたり3000-5000粒といわれているそうです。
他の花に影響がありそうで、開花後すぐに茎を切りました。
調べてみてびっくりです。

P6070023.jpg

P6070025.jpg

P6070027.jpg

P6070029.jpg
茎の先端のところで二つの花がくっついていました。
珍しく双子花です。

2017_06
10
(Sat)19:10

Amazonからの不振なショートメールに注意!

7日東海地方も梅雨入りしましたが、じめじめとした蒸し暑さどころか肌寒く、衣替えをした長袖を出して着るなどしています。
とくに夜は夏蒲団にくるまって寝る始末。
今日は午後から曇り空になりましたが、主人と娘の冬布団をやっと片つけました。
この様子で行くと今夜、夏蒲団では寒いと言われそうです。

今年の夏は大変暑いとか・・・
年々体力に自信がなくなってきているので、仕事復帰したものの、夏が無事乗り越えられるか心配です。
昨年のように救急車で入院は避けたいものです。

先日Amazonからショートメールが届きました。
以下の文章です。

有料動画サイトへ登録履
歴があり、未納金が発
生しています。本日中にご
連絡ない場合は法的手続
きに移行します。
〇〇〇〇-○○〇-○○〇アマゾン

電話番号はすぐ削除してしまったのでわかりません。

身に覚えがなくても不安になりますよね。
本日中と法的手続きがあまりにも無謀なのと、ショートメールだったので詐欺と判断し即削除しました。
こういうメール本当に迷惑ですよね。
気分が暗くなります。

アマゾンはよくネットショッピングするので、ドキリとしました。
不審に思ったら焦らず、まずネットで調べてみることです。
同様の人がかなりいるので情報を確認することが出来ます。
そうするとネットの情報は大変ありがたいですね。
皆様気を付けて下さいませ。