FC2ブログ
2016_03
23
(Wed)11:45

3月の庭の花『ハナニラ・プリムラ』

少しずつ花が咲き始めました。

ハナニラ(花韮 )はネギ亜科ハナニラ属に属する多年草。別名をイフェイオン、ベツレヘムの星とよばれています。
P3230010.jpg

P3230011.jpg

P3230014.jpg

プリムラ サクラソウ科サクラソウ属 白色
P3230016_20160501164117044.jpg

ツルニチニチソウ(蔓日々草)はキョウチクトウ科の常緑蔓性植物の一種。つる桔梗とも言われます。
P3230017_201605011743126e5.jpg
スポンサーサイト



2016_03
21
(Mon)12:27

苗木城址

スマホいじりに疲れたので気分転換に道の駅めぐりに出かけました。

ついでにちょっと立ち寄ったのが苗木城址です。

苗木城は、岐阜県中津川市苗木にあり、中央自動車道・中津川IC から 国道257号線 の 城山大橋渡ってすぐ右折。
中津川インターチェンジから車で約10分程でつきます。

苗木城は霞ケ城とも呼ばれ苗木藩の藩庁が置かれていました。
現在国の史跡に指定されています。

また『赤壁城』の別名もあり、木曽川に住む竜が白い色を嫌い、何度漆喰を塗り直しても嵐を起こしてはぎ取ってしまったという伝説が残されています。
それで城の壁は白漆喰ではなく赤土がむき出しになっていたといわれていました。
実際には幕末期に1万石で城持ちになった苗木藩が経済的に弱体で漆喰を塗る経費が捻出できなかったという話です。

P3200023.jpg

足軽長屋跡の石垣
P3200024.jpg

P3200026.jpg

P3200027.jpg

龍王院跡
P3200028.jpg

P3200029.jpg

苗木城イメージCG
P3200030.jpg
山紫水明の絶景を望む巨石に築かれた山城です。
戦乱の時代から江戸時代まで続いた苗木遠山家の城は現在でも堅牢な石垣を残していて、当時の面影を感じさせます。
天守は岩山という制約された土地の上に建てられていて、天然の巨石と、人工的に作られた石垣を巧みに使った城郭は、全国でも大変珍しいものだそうです。

DSC_0008+(1)_convert_20160321150051.jpg
案内板にこんなことが書かれていました。
今まで訪れた城跡とはどこか違うような。
期待が膨らみます。

P3200031.jpg
大きな岩がところどころ見られます。
本丸跡は、木でやぐらが組んであるところでしょうか?

P3200032.jpg


P3200033.jpg
人影が見えます。
あそこまで登るのでしょうね。
冒険心に火がつきます。

風吹門跡
P3200035.jpg

P3200036.jpg

P3200037.jpg

P3200038_2016032114142245e.jpg

P3200039.jpg

P3200040.jpg

駈門跡
P3200041_20160321142407afc.jpg

P3200042.jpg
梅が咲いていました。

大矢倉跡
P3200043.jpg

P3200044.jpg

P3200045.jpg

大門跡
P3200046.jpg

P3200047.jpg

御朱印蔵跡
P3200048.jpg

P3200049.jpg

P3200050.jpg

綿蔵門跡
P3200051.jpg

P3200052.jpg

P3200053.jpg

坂下門跡
P3200054.jpg

P3200055.jpg

菱櫓門跡
P3200056.jpg

P3200057.jpg

千石井戸
P3200058.jpg

P3200060.jpg

P3200061.jpg

的場跡
P3200062.jpg

本丸口門跡
P3200065.jpg

P3200066.jpg

武器蔵
P3200067.jpg

P3200068.jpg

P3200070.jpg

あせび
P3200071.jpg

P3200082.jpg

笠置矢倉跡
P3200072.jpg

P3200073.jpg

P3200074.jpg

P3200075.jpg

玄関口門跡
P3200076.jpg

P3200078.jpg

上から見た大矢倉跡
P3200079.jpg

P3200080.jpg
マチュピチュかインカ遺跡のようではありませんか?

本丸玄関
P3200081.jpg

苗木城天守建物
P3200083.jpg

天守展望台
P3200084.jpg

苗木城本丸跡
P3200086.jpg

中津川方面
P3200087.jpg

恵那方面
P3200088.jpg
苗木城は中津川市内を東西に貫流する木曽川の右岸に一段と高くそびえる城山(432m)に築かれていました。
木曽川から山頂の天守跡までの標高差は約170mあります。
岩山の上で利用できる土地の確保が困難であったため、建物の構築方法に懸造(かけづくり)が使われているなど、自然の地形を有効に生かして築かれた山城です。

P3200089.jpg

P3200090.jpg

P3200091.jpg

P3200092.jpg

P3200093.jpg

P3200094.jpg

P3200095.jpg

P3200096.jpg
最後に日本のインカ遺跡・マチュピチュに別れを告げて

P3200097.jpg
帰り道振り返りながら

P3200098.jpg

P3200099.jpg
名残惜しく又振り返る。

パンフレットに戦国アスレチックと書いてありましたが、そんな感じです。
家族づれの子供たちは大きな岩や石垣の間を冒険心いっぱいにしながら走り回っていました。
その横で親はハラハラドキドキ「走るとあぶない!」と注意していました。
断崖だらけで命の保証はありませんが、柵も手すりもなく自然のままで手をくわえてないのがいいです。
とても楽しめました。

P3200100.jpg
良く晴れて青空が綺麗です。
気分転換には最高でした。
2016_03
20
(Sun)12:46

3月の庭の花 『サクランボの花』

サクランボの花満開
P3200010.jpg

P3200012.jpg

P3200013.jpg

P3200016.jpg

P3200017.jpg

P3200019.jpg

P3200020.jpg

P3200021.jpg
青空に映えて綺麗です。
2016_03
15
(Tue)11:35

スマホデビュー

春だというのに今日は朝から冷たい風がふいていますね。
スマホをいじりすぎて目が疲れて寝不足です。

ついに長年使っていたガラケーの液晶部分が壊れました。
画面が見づらいので日曜日にドコモへ行ったのですが、やはり購入するはめになりました。

広告にのっていた0円の
ドコモ スマートフォン2015 夏モデル
『AQUOS EVER SH-04G』「ちょうどいい」が心地いい。私のベストチョイス。
のキャッチコピーににつられ店頭で尋ねたところ在庫なしだそうで・・・・・

結局一押しの
2015 夏モデル
『Xperia A4 SO-04G』
「今」を詰め込んだ、コンパクトスマートフォン。
を即決で購入しました。
P3150040.jpg

P3150038.jpg
実質負担金は月々サポートがあるものの10368円になります。(分割払い432円×24か月)

取りあえずエディオンでスマホケースの手帳型と液晶保護フィルムを購入。
P3150041.jpg

P3150044.jpg

P3150045.jpg
閉店間際だったので店員さんお勧めの手帳型でそのまま充電器が使える ものにしました。

2016_03
15
(Tue)10:24

3月の庭の花 『サクランボの花・沈丁花』

サクランボまたは桜桃(おうとう)は、バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹。ミザクラ(実桜)の果実。
P3150021.jpg

P3150022.jpg

P3150024.jpg

P3150025.jpg

P3150028.jpg

P3150030.jpg

P3150031.jpg
かたいつぼみから徐々に咲き始めました。

沈丁花
P3150032.jpg

P3150034.jpg
甘い香りとともに外側から咲き始めました。
2016_03
07
(Mon)13:30

3月の庭の花 『沈丁花・福寿草』

ジンチョウゲ(沈丁花)はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木
挿し木で増えます。以前挿し木したものが大きくなりすぎて庭に植えました。
これは2度目の挿し木で花が咲くのは2年目になります。
つぼみは濃紅色ですが、、開いた花は淡紅色でおしべは黄色、強い芳香を放ちます。
枝の先に20ほどの小さな花が手毬状に固まってつきます。
P3070002.jpg

P3070001.jpg

P3070003.jpg
まだつぼみです。

フクジュソウ(福寿草)は、キンポウゲ科の多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)
P3070005.jpg

P3070006.jpg

P3070009.jpg
茎が伸び葉が生い茂り背丈がのびました。
2016_03
01
(Tue)22:33

くまさんとタンポポ

3月になったというのにお天気は荒れ模様でしたね。
朝、寒さに眼をさますと、窓の外の屋根や道にはうっすらと雪が積もっていました。
寒い訳です。
さらに風が非常に強く、これを春一番というのでしょうか?
それにしては冷たすぎる風が一日中吹き荒れていました。
車庫に置いてある大きなごみ箱も、何度も風にあおられてゴロゴロと音も立てて転がる始末。
いつになったら暖かくなるのやら・・・・

『 くまさんとたんぽぽ』
P2280016.jpg

P2280020.jpg

P2280022.jpg
誕生日表の『くまさんとたんぽぽ』を作ってみました。