FC2ブログ
2008_08
06
(Wed)10:13

若狭たかはま エルどらんだ

天橋立・鳥取の旅3日目

若狭たかはま エルどらんだ
imgと58
熱帯雨林と淡水魚の水族館で、地球科学(自然科学・エネルギー・文化)をテーマにしたサイエンステーマパーク。

トロピカルワンダー(回廊型の大温室)
imgと51
自然がいっぱい癒されます。

樹上の小屋
imgと52

JUNGLE
imgと57
WONDERFUL FRIENDS IN THE JUNGLE
ジャングルのパネルのイラストの彩がとてもきれいでした。

imgと53

imgと54

imgと55

imgと56


福井県小浜市川崎の蘇洞門めぐり。若狭フィッシャーマンズ・ワーフから遊覧船に乗って出発です。
若狭湾国定公園を代表する景勝地・蘇洞門をめぐる約50分のクルージングです。
景色がよく気分最高!

蘇洞門めぐり 
imgと59
遊覧船の豪快な走りに気を取られ、岸壁には、それぞれ名称がついていたが、どれがどれやらさっぱり知らずじまいであった。

imgと60

小山通洞
imgと61
名称を後で調べたが、かなり適当なのであしからず。

imgと62
遊覧船の波しぶきがすごい。
結構なスピードで走ります。

夫婦亀岩
imgと63
日本海の荒波によってつくられた奇岩・断崖はまさに自然界の芸術です。

白糸の滝
imgと64
滝は遠くて見えませんが、多分前方だと思います。遊覧船の水しぶきばかりがやけに目についてスピードを感じませんか?

大門小門
imgと65
大門をくぐるとき、岩に結構接近するのでスリルが味わえます。
上陸して15分ほど休憩がありますが、そばには滝が流れていて、みんなそれぞれ写真を撮っていました。
大門をバックに記念写真を撮るには絶好の場所です。


若狭彦神社
imgと66
福井県小浜龍前にあります。

柳田国男
imgと67

若狭姫神社
imgと68
福井県小浜市遠敷にあります。

官幣大社氣比神宮大鳥居
imgと70
福井県敦賀市曙町氣比神宮の漆塗りの大鳥居は日本三大木造鳥居の一つとして有名であり、国の重要文化財に指定されている。

氣比神宮 
imgと69
旅の最後は神社巡りで旅の疲れを癒し、パワーを充電してきました。
スポンサーサイト



2008_08
05
(Tue)09:28

鳥取砂丘

天橋立・鳥取砂丘の旅2日目

余部鉄橋
imgと18
城之崎温泉に泊まって翌日鳥取砂丘へ向かう途中余部鉄橋の下を通り過ぎました。

imgと19
ずいぶん高いところを走っているんですね。鉄橋をくぐったあと道路わきに車を止めて待つこと数分。残念ながら電車を見ることはかないませんでした。一度乗ってみたいですね。


ついに念願の鳥取砂丘に到着。

鳥取砂丘
imgと20

imgと21
せっかくだから海が見えるところまで行ってみようと張り切って人の足跡のない方角をめざし、もくもくと歩いてやってきました。
こんなところまで来る人はいないだろうと思うと、一人少年が海を見つめていました。
なんとなくおじゃまな気がして歩いてきた方角に向きを変えるとそこに広がる景色に唖然?

imgと22
あそこに人がいっぱいいる。
気になるけれど、あそこまでは歩く気力がない。

imgと23
きっと眺めがよさそうだ。横目で見ながら少しでも緩やかなところを目指して歩く。

imgと24
行きは勢いで来ちゃったけれど・・・・・
あちらの方ももどるのにたいへんそう。
向こうを選ばなくて正解だった。
それでも帰る道は遠い。

imgと25
一人とぼとぼと歩きながら、かばんからペットボトルを出しちょびちょび飲んでとにかく来た道をひたすら歩きました。
鳥取砂丘に着いたとき「海風が吹いて思ったより暑くないよね」と言っていた私はどこへ?
遠いと思った瞬間汗はだらだら、喉は渇くは、息は切れるは、砂地で歩きにくいはで、とにかく「らくださ~ん迎えに来て~」と心の中で叫んでいました。

本日の教訓「自分の体力を十分理解した上で行動しましょう。」
『行きはよいよい帰りは怖い、怖いながらも、とおりゃんせ、とおりゃんせ♪』
らくだに乗りました。
乗り心地は良かったです。
あっと言う間にひとまわり、どうせなら乗ったまま海岸まで行きたかったです。


砂の美術館
鳥取砂丘のそばにあります。
鳥取砂丘を訪れたら絶対お勧めです。

万里の長城 「人類史上最大の建造物」
imgと27
小高い丘の上にある万里の長城ごしに鳥取砂丘と海が見えて眺めも最高です。
 
姫路城   日本
imgと29
世界に誇る日本の名城

アンコールトム   カンボジア
imgと30
アンコール王朝の最期の都市にあるバイヨン寺院の遺跡

人頭有翼の雄牛像    イラク
imgと42
宮殿を守護する巨大獣

人頭有翼の雄牛像   側面
imgと32

ぺルセポリスのレリーフ像   イラン
imgと33
アケメネス朝ペルシャ帝国の聖都の遺跡

古都アユタヤの遺跡   タイ
imgと34
寺院を飾る仏像と怪物の像

カジュラホ寺院の壁画   インド
imgと35
壁面が彫刻に包まれた寺院群

エローラ石窟寺院とその彫刻   インド
imgと37
一つの岩から掘り出された石窟寺院群

バーミヤン大仏と石窟   アフガニスタン
imgと39
危機遺産に登録される巨大大仏   

バーミヤン大仏と石窟  側面
imgと38

タージマハル   インド
imgと36
イスラム様式の壮大な白亜の霊廟

兵馬俑   中国
imgと40
秦の始皇帝の陵墓を取り囲む兵馬俑

imgと41

imgと43
砂の美術館は、「砂で世界旅行」を基本コンセプトとし、毎年テーマを変えて展示を行なっています。
会期が終われば、砂像はもとの砂にかえっていきます。
限られた期間しか存在することができない砂像です。
今回は第2期にあたり( 2008年4月26日〜2009年1月3日)テーマは「世界遺産・アジア編 〜アジアの風にのって〜」でした。


京都府福知山市大江町にある鬼の博物館です。
大江山のふもとなので、ちょっと山の中といったかんじで本当にこんな所に博物館があるの?と半信半疑で無事到着しました。
博物館敷地内入り口で巨大な鬼瓦が出迎えてくれます。

日本の鬼の交流博物館
imgと44

御祓面
imgと45
日本・世界の色々な鬼のお面が展示してあります。

鬼瓦
imgと46
鬼瓦の移り変わりのコーナーでは色々な形の鬼瓦がたくさん見られます。

大江山鬼伝説 『酒呑童子伝説』
imgと47
成瀬尋古さんのイラスト。
ちょっと好みのイラストです。気になったので名前で調べてみると『獅子吼』というホームページがありましたのでお訪ねしました。
大変興味深かったです。

妖怪
imgと48
ご存知のゲゲゲの鬼太郎です。

大江山の鬼
imgと49
大江山に登る方は鬼が道案内をしてくれるかもしれません。

大江山登山口
imgと50
帰り道に道路際で見つけたので撮って見ました。
かなり目立っています。
夜はちょっと不気味でしょうか?
2008_08
04
(Mon)10:36

天橋立・玄武洞

8月4日・5日・6日と家族旅行で天橋立・鳥取砂丘にいってきました。

天橋立公園案内図
imgと1
朝5時に家を出て鳥取砂丘に向かう予定でしたが、途中事故のため渋滞で、天橋立に予定を変更し10時頃に到着しました。
天橋立駅前の山本食堂で朝ごはんにしては豪勢な海鮮丼を注文。
駅前の外湯『知恵の湯』を二階の窓から見学しながらいただきました。

日本三景碑
imgと2
雨が少し前まで降っていたようで、日が差すと湿度がすごく、蒸し暑い天気となりました。
松林なので日陰はあるものの、首筋から背中、胸元まで汗びっしょりです。

与謝野寛・晶子ご夫妻歌碑
imgと3
貸し自転車があるようで、乗っている人もちらほらいました。

知恵の松
imgと4
天橋立海水浴場が右側にあり、泳いでいる人や、地引網体験をしている人など、にぎやかです。

名水百選 磯清水
imgと5
テレビでやっていたので是非味見をと思い、ここまで暑さに耐えながら歩いてきたのに、名水百選の磯清水は手のひらにひとしずくポトン状態。
暑さで 干上がってしまったの?がぶ飲みしたかったのに残念でした。
右も左も海なのになぜ真水が湧き出るんでしょう。不思議ですね。

アームストロング砲
imgと6
なぜこんなところに大砲が・・・・『アームストロング砲』?
なんかどこかで聞いたことがある名前ですよね。そうそう『アームストロング船長』!アポロ11号の船長だ。
話は戻って、アームストロング砲は長さ6メートル40センチ、重量約5トン。
イギリスで作られ、軍艦春日に搭載され、海軍思想普及のため大正12年2月5日海軍大臣より下付されたものだそうです。
と大砲履歴にかいてありました。

天橋立ビューランド
imgと7
線路を渡ってモノレール・リフト乗り場へ、リフトなら待ち時間なしですぐに乗れます。
6分ほどで展望台に、吹く風もさわやかです。
展望台では、是非股のぞきを、すばらしい景色が待っています。
但し、台の上に上るので、足元に注意。 
中高年はなぜだかふらつきます。


標準時・子午線 
imgと9
東経135度、北緯35度30分、兵庫県豊岡市但東町。
県道2号線を走っていてなにげなく道路わきで発見。
300メートルほど通り過ぎてから「え~そうなんだ!」と向きを変えて戻ってきました。


豪商 稲葉本家 
imgと10
家柄と経済力が象徴される建物は広く、立派の一言につきます。
伝によると、当家初代喜兵衛は、織田信長の家臣団、美濃3人衆の一人稲葉一鉄一族の縁者と言われている。
稼業は代々「糀屋」を生業とし日本海沿岸交易業掛屋等も営む、のち幕府の公金預かり所となり、以降は近隣諸藩の金融を独占する豪商となったそうです。セレブだ~!
落ち着いた心やすらぐ庭園を見ながら縁側で一休み。
2階に上がると窓を吹き抜ける潮風が夏だと言うのに心地よい。
のんびり時間がすごせます。(京都府京丹後市久美浜町)


山陰海岸国立公園 天然記念物玄武洞
夏訪れ涼を求めるには最高の鍾乳洞だと思っていた私はおろかでした。
くれぐれもお間違えのないように決して鍾乳洞ではございません。
けれどその美しさと神秘さはすばらしく自然のすごさを感じさせられます。
玄武洞は、160万年前に起こった火山活動でマグマが、山頂から流れ出し、冷えて固まるときに、規則正しいきれいな割れ目を作り出したものです。
6000年前、波に洗われ姿を現し、人々が石を取ったために洞となったもので、数知れない六角形の玄武岩が積み上げられものです。(兵庫県豊岡市赤石)

南朱雀洞
imgと11

南朱雀洞 ズーム
imgと12
六角柱の重なり合う岩肌が水面に映り金の斧の精霊でも出てきそうな雰囲気で、景色が一つにまとまっていてどこか神聖な気持ちにさせられます。

北朱雀洞
imgと13
朱雀が羽を大きく広げた形に見えることから、北朱雀洞と名前がつけられました。

白虎洞
imgと14
六角柱の石が横に重なって並んでいてまた違った雰囲気を出している。

玄武洞
imgと15
玄武洞公園の4つの洞の名前は、天の四方を守る4つの神の名前(北の玄武、東の青龍、西の白虎、南の朱雀)を取ってつけられたものです。

青龍洞
imgと16
玄武洞の中では最も大きく近付くにつれあっとうされます。

青龍洞 ズーム
imgと17
現実離れしたその景色は、今にも龍が水底から天に向かって飛びだしてきそうな感じがします。