FC2ブログ
2018_10
14
(Sun)17:43

ハロウィンのケーキ

秋は夕暮れ、夕焼けが綺麗な季節ですね。

夕焼けは、日没の頃、西の地平線に近い空が赤く見える現象のことをいいます。
秋は徐々に日没の時間が早くなってくるので、夕焼けを意識する事が多くなることから夕焼けのイメージが強いようです。

職場で見る夕焼けも秋が一番綺麗に見えるような感じがします。

10月12日撮影

夕焼け
DSC_0358 (640x480)
『秋の日は釣瓶落とし』といいますが、釣瓶(水を汲むために竿や縄の先につけて、井戸の中におろす桶)が井戸に滑り落ちるように、秋の日はあっという間に日が暮れて真っ暗になります。

夕方仕事を片つけていて、ふと頭を上げると真っ赤な夕焼けが目に飛び込んできました。
暖かく、どこか懐かしく、物悲しいほど綺麗な夕焼け空に見入ってしまいます。

夕焼け小焼けで日が暮れて山のお寺の鐘が鳴る。
おててつないでみな帰ろ、カラスと一緒にかえりましょ♪


昨晩、突然娘たちが甘いものが食べたいと言い出したので、ケーキを買いにコンビニへ行ったのですが・・・・
予定を変更、夕方の割引を期待してシャトレーゼに向かいました。

7時を過ぎていたので半額のケーキがありました。
2700円を半額でゲットです。

ハロウィン かわいいオバケのデコレーション14cm
DSC_0370 (640x480)
しっとりと焼き上げられたスポンジにかぼちゃの甘露煮と生クリームがサンドされ、黄色いかぼちゃの生クリームがたっぷりのってます。
生クリームで作ったかわいいおばけの周りには、ジャックオランタンゴースト、バットマンなどを散りばめたハロウィン限定の見た目も楽しいデコレーションです。
かぼちゃのほんのりとした甘味が口いっぱいに広がります。

体重増加はお構いなく、お得な気分で平らげました。
コレストロールの薬を忘れずに飲む母です。
スポンサーサイト
2018_10
03
(Wed)08:23

10月の庭の花『キンモクセイ・ボタンクサギ他』

9月の終わりごろからどこからともなくキンモクセイの甘い香りが漂い始めました。

キンモクセイには陶酔という花言葉がありますが、言葉通り甘く官能的な匂いに無意識に酔いしれてしまいます。
これはキンモクセイが持つアロマテラピーの効果であると言われています。

キンモクセイの効果・効能の一番はやはりリラックス効果でしょうか。
キンモクセイの匂いは精神を落ち着かせて、苛立ちや不安を軽減してくれる効果があるそうです。

他には食欲を促進する物質オレキシンがキンモクセイの香りをかぐことで減少することがわかり、ダイエット効果があるとも言われています。

またキンモクセイの香りには炎症を鎮める消炎効果という効能もあり、リラックス効果が強いため、痛みを鎮める鎮静作用も促してくれるようです。

中国ではキンモクセイは『桂花』という名前で親しまれ、古くから漢方の生薬としても利用されてきました。
キンモクセイの生薬の効果には、腸内環境を整えてくれたり、目の疲労回復、体内の酸化を防ぐ抗酸化作用があることがわかり、キンモクセイから抽出された成分に肌質改善効果のアンチエイジング効果もあるようです。

キンモクセイの花びらは漢方だけではなく、お茶『桂花茶』やお酒『桂花酒』、お菓子『桂花年糕』のようにキンモクセイの花の砂糖漬けを飾ったものなど幅広く使われているそうです。

我が家でも玄関先のキンモクセイの花が一斉に咲きはじめました。

雨の中のキンモクセイ
DSC_0266 (640x480)
キンモクセイの花はしっかりした強い甘めの香りがあることから、汲み取り式トイレが主流であった時代には、トイレの近くに植えられることが多かったようです。
その名残でしょうか、現在でもトイレ付近にキンモクセイが植えられている家を多く見かけます。

キンモクセイの香りがトイレの芳香剤としてあるのはその影響からでしょうね。

実家のトイレの脇にも大きな金木犀と沈丁花が植えられています。
我が家もそれにならって、玄関からトイレにかけて大きな鉢植えの金木犀と沈丁花が置いてあります。
沈丁花も春には金木犀と同じように強い芳香を放ちますので、一年で2度香りが楽しめるわけです。
自然の風にのって、玄関扉やトイレの窓からふんわり甘い匂いが漂ってくるのは最高ですね。

10月1日撮影

キンモクセイ(金木犀)モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹。
DSC_0273 (640x480)
よく見ると葉の虫食いがハート型になってます。

DSC_0275 (640x480)
ズーム!
ちょっとハッピーな気分ですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

DSC_0280 (480x640)

DSC_0285 (640x480)
木の枝の節のところがコウモリの顔のように見えませんか?

DSC_0286 (640x480)
ズーム!
10月のハロウィン仕様でしょうか。

DSC_0288 (640x480)

DSC_0291 (480x640)

DSC_0298 (480x640)

DSC_0300 (640x480)

DSC_0304 (480x640)

DSC_0306 (640x480)

DSC_0311 (640x480)
キンモクセイの開花は1週間ほどです。
短い期間に芳香を放って癒してくれたキンモクセイはパラパラと散っていきました。


ボタンクサギの開花時は6月から9月と言われていますが、花後に切り戻しをすると次々に咲き10月に入ってもいまだに咲き続けています。
名前の通りクサギ属の植物は、触れると独特の臭気があることからクサギ(臭木)と名付けられていて、葉に触ると臭います。
臭いとは裏腹に花はボタンのように大きく綺麗です。

10月3日撮影

ボタンクサギ(牡丹臭木)クマツヅラ科、クサギ属
DSC_0314 (480x640)

DSC_0315 (640x480)

DSC_0316 (640x480)

DSC_0317 (640x480)

DSC_0318 (640x480)
見え隠れしている黒い小さな塊はアリです。
以前花が綺麗だったので切って花瓶に挿して置いたところ廊下がアリだらけになり驚きました。
枯れてしまった花の中にもアリが沢山いたようで、ごみ袋に入れてゴミバケツに入れたところ、ゴミ出しの日にゴミバケツの中で無数のアリが動き回っていてショックでした。
ボタンクサギはアリにとって住みやすい家なのでしょう。

DSC_0321 (480x640)

DSC_0323 (480x640)

DSC_0324 (640x480)

DSC_0326 (640x480)

DSC_0332 (480x640)

DSC_0334 (480x640)

DSC_0335 (480x640)

DSC_0336 (480x640)

DSC_0344 (640x480)

DSC_0346 (640x480)
ショッキングピンク色の花が見事です。


ウメモドキの実が赤くなりました。
写真を撮ろうとして近づくと、一匹の虫が食事中でした。
調べたところ簡単に解りました。
クロウリハムシという名前だそうです。

クロウリハムシ  甲虫目ハムシ科の昆虫。
DSC_0347 (640x480)
体長は6~7mmくらいの大きさで、上翅と脚は黒色で、頭部と胸部は赤みがかった黄色をしています。
翅が黒色でウリの葉を好んで食べる虫という意味でクロウリ、ハムシは葉を食べる虫という意味で名前がついています。

ウメモドキ(梅擬)モチノキ科モチノキ属の落葉低木。
DSC_0348 (640x480)

DSC_0349 (640x480)

DSC_0350 (640x480)

DSC_0351 (640x480)

DSC_0352 (640x480)
秋の青空にウメモドキの赤い実が光ってます。

2018_10
01
(Mon)17:39

雲の間の虹

雲間に虹を発見
DSC_0269 (640x480)

DSC_0271 (640x480)
仕事中でしたがこっそり撮って見ました。
秋雨の虹でしょうか。
秋から冬にかけては割と立派な虹が見られるそうです。

虹を見つけた瞬間、ふわっと嬉しい気持ちになったり、どこか清々しい気分になりませんか?
自然の珍しい現象を見つけた瞬間、幸せな気分になるのはなぜでしょうかね。
ちっぽけな悩みも吹き飛ぶような前向きな姿勢になれるよう虹も応援してくれます。


2018_09
29
(Sat)12:27

足付きプランター

長年にわたり、シンプルな茶色のプランター(64×23×18.5Hcm)を使ってきましたが、夏場はすぐに土が乾燥してカラカラになってしまい、朝夕の水やりが大変でした。

今年の春に野菜用の大きな90㎝のプランターを購入し、野菜を植えたところ水やりも楽になり調子が良かったです。

車庫には、フェンス越しに90㎝の足つきプランター3個にバラが植えられていますが、その横に並べられていた小さなプランターも90㎝の足つきプランターに変えてみました。

足つきプランター900 ダークブラウン
DSC_0092 (640x480) 
幅約90×奥行約34.5×高さ約29.8
土の容量 約58.0L
スノコのないプランターなので、上げ底メッシュ構造になっていて、排水性と通気性に優れています。
4隅の足のところがウォータータンクになっていて水切れをお起こしにくい構造になっています。

バラのプランターはハーブグリーンで、深緑なので同じ色で揃えようと、探し回ったのですが同じ色がなく断念しました。
形は同じものなので見栄えは揃っていてよいかと。
プランターも大きくなったので植物もゆったり植えられ、心なしか以前のプランターより元気です。
2018_09
27
(Thu)19:22

シャインマスカット

9月27日は無尽のお茶会でした。
一か月ぶりの無尽でしたが、美味しいデザートとドリンクバーで話がはずみます。

ココスのシャインマスカットのパルフェ
DSC_0254 (480x640)
シャインマスカットのパルフェは、 甘くて種のない皮ごと食べられるシャインマスカットとさっぱりとしたフルー ティーな味わい赤ブドウの果実感たっぷりのソルベとミルクプリンの濃厚な味わいが楽しめます。

ブドウの房のような盛り付けと、マスカットの艶やかなグリーンが素敵ですね。

疲れた身体には甘いものが一番です。
話題の絶えない主婦のおしゃべりの時間は過ぎていきました。