FC2ブログ
2021_03
06
(Sat)21:52

3月の花 『梅・セッコク』

今日は暖かい一日でした。
雨が降るたび暖かくなっていきますね。

職場の駐車場の枝垂れ梅が咲きはじめました。

3月1日撮影

ウメ(梅)バラ科サクラ属の落葉高木。
DSC_1805 (640x480)

DSC_1807 (640x480)


お隣の奥さまから大きな株になったセッコクを『高芽採り』して、戴いたものが2年目で今年初めて花が咲きました。

セッコクはバルブの先の方から新しい芽が伸び、白い根が生えてきます。
『高芽採り』といって白い根が生えた部分を取って株分けし簡単に増やすことが出来ます。


セッコク(石斛)単子葉植物ラン科の植物
DSC_1799 (640x480)

DSC_1802 (480x640)
花はバルブの先端に近い数節から出るようですが、かなり下の方にも花芽がつきました。
各節から短い花茎が出て、数個の花が咲きます。
赤紫がかった白の花弁の花は、ほのかに芳香があります。

DSC_1803 (640x480)

3月6日撮影

DSC_1809 (480x640)

DSC_1813 (480x640)
艶やかな緑の葉と赤紫と白のグラデーションの花びらが素敵ですね。
これほど沢山咲くとは思っていなかったので、初めて咲いたセッコクに感動です。
スポンサーサイト



2021_02
28
(Sun)19:15

2月の庭の花 『フクジュソウ』

2月に入って我が家で最初に咲く花は福寿草です。
芽が出てから花が開くのを楽しみに玄関横の花壇を毎日覗いていました。


2月18日撮影

冬型の気圧配置が続き、強い寒気が居座っていたため、雪が舞う寒い日でした。

フクジュソウ(福寿草)キンポウゲ科の多年草。
DSC_1753 (480x640)
葉や開きかけの花の上にはうっすらと雪がのっています。
まだ茎が伸びず、苞に包まれた短い茎の上に蕾がついています。

DSC_1755 (640x480)


2月20日撮影

南から暖かい空気が流れ込んできたおかげで、日中は春本番を思わせるような陽気となりました。

DSC_1778 (480x640)
晴れて気温が上昇し、暖かな日差しの中、いっきに福寿草の花が開きました。

DSC_1779 (640x480)
3~4cm程の黄色い花が咲いています。

DSC_1785 (480x640)
花は太陽光に応じて開閉することから、早朝は閉じています。
日光が当たる10時ごろから開き、夕方日が陰ると閉じてしまいます。

この日は丁度お昼頃に撮影しました。
これから茎がグングン伸びて成長しますので、まだまだ花は楽しめます。
春を呼ぶ花ですね。

2021_02
23
(Tue)19:38

カワウソ

最近娘がカワウソさくらの動画をしきりに見ています。
カワウソ さくら 
カワウソさくらの2020年人気だった動画が総まとめされていて、可愛さがぎゅっと凝縮されています。

カワウソ さくら  
カワウソさくらに癒しを求めて、愛らしさにメロメロになりながら、気づくと癒されてる自分がいます。

何度見ても可愛いですね。
親子で見始めたらついつい時間も忘れて見入ってしまいました。

飼いた~い!
でもかなり大変そう。

カワウソに熱をあげていた娘の為に、コメリで以前から目を付けるていたカワウソが、値下げされていたので購入してきました。

お座り カワウソ (1480円→998円に値引き)
DSC_1793 (640x480)
ガーデンオーナメントのつもりで、玄関横の水鉢の脇に置くつもりでいましたが、外に出すのはなんだか可哀そう。
結局居間のあちこちに置かれ、遊ばれています。

こたつ布団からちょこんと顔を出して
DSC_1742 (640x480)

のそのそはい出る
DSC_1743 (640x480)

上を向いてねんね
DSC_1744 (640x480)

娘のオーバーコートに包まれて
DSC_1745 (640x480)

寝ながらこちらをじーっと見てます
DSC_1749 (480x640)

むくりと起き上がり顔を出す。
DSC_1750 (640x480)

居間の隅っこソファーの横で
DSC_1752 (480x640)
娘に一言。
カワウソのさくらだよ。
うんち💩しないよ。
えさもいらない。
可愛いよ。

『硬いから嫌だ!』
確かに・・・・・

と言いながらも遊んでいた娘です。
2021_02
20
(Sat)17:44

ロール式すのこベット

壊れたベットのその後の話です。

次女の壊れたベットを処分したので、アパート暮らしの長女が家で使っていたベットを次女の部屋に移し使うことにしました。
残されたスプリングマットレスと棚付きヘッドボードを長女の部屋へ移動。

帰省した時には寝られるようにと、取り敢えずベットがあった場所に棚付きヘッドボードとスプリングマットレスを置いてみました。

絨毯の上にマットレスをそのまま置いて大丈夫?
なんだか風通しが悪そうで湿気が気になります。

何かいいものはないかしらとネット検索をしてみました。
湿気対策ならすのこが良さそうです。

ロール式すのこはどうかしら。
かさばらないし、お値段お手頃、通気性も良いみたいです。

アイリスプラザのロール式すのこベット
ロール式桐すのこベッド
これは良さそうです。
アイリスプラザならいいんじゃない。

ということで早速アマゾンで購入しました。
土曜日に注文して月曜日に届きました。

ロール式桐すのこベット シングル (3758円)
DSC_1756 (480x640)
段ボールの先端を開封するとすのこの入っているビニール袋の上部がめくれていて、すのこがむき出しになっていました。
木の色も先端や外側が微妙に変色しています。
これ新品ですよね?

裏返すとこんな感じ
DSC_1769 (640x480)

DSC_1763 (640x480)

DSC_1764 (640x480)
さらに木を繋いだ紐には小さなカビのような斑点が無数についていました。

ショックでしたが、結局返品するのも面倒なのでそのまま使いました。
雨の日の配達だったこともあり箱も少し濡れていたので、すのこも微妙に湿っている感じです。

後日天気のいい日に室内で干しました。

棚付きベッドボードは下側をマットレスの高さに合わせてのこぎりを使って切断。
丁度良い高さになりそのまま使っています。

こんな感じになりました。
DSC_1790 (640x480)
一見、ローベットみたいになって、部屋が広く感じます。
これで長女がいつ帰省しても大丈夫になりました。

2021_02
18
(Thu)10:50

カモシカと遭遇

突然ですが娘のベッドが壊れました。
ベットの床板の桟が折れて外れたようで、寝返りをするたびにギシギシと軋んで寝れなかったそうです。

重いマットレスを立てかけ床板を裏返して見ると桟が折れて外れていました。
長女のお古なので年数も経っています。
長女が使っているときに一度折れて補修をしてあった場所なので、再度補修は無理のようです。

仕方がないので処分することに決めて分解しました。

引き出し付きベットだったので、まず引き出しを抜き、サイドフレーム、フットボード、棚付きヘッドボードを繋ぐ金属プレートのネジを取って分解しました。
フレーム自体は思いのほか重量がありました。

分解したもののゴミに出すのは大変そうなので、ポツンと一軒家の山小屋まで運ぶことにして、7日の日曜日車に積み込み出かけました。

ベッドを燃やすことが目的なので薄暗い早朝に出発。

途中、夜が明け始めたのでちょっと寄り道。
お正月の元旦は、自粛続きで初日の出を拝むどころではなかったので、主人が気を利かして近隣の高台にある見晴らし台まで登ってくれました。

日の出
DSC_1679 (640x480)
我が家にとっては初日の出です。
夜明けの澄んだ冷たい空気を吸いながら見る日の出は、なんとも霊験あらたかです。
ついつい手を合わせて拝んできました。


ポツンと一軒家の山小屋に到着。
日陰には、まだ雪が残っています。

小屋の入り口で足跡を発見。
DSC_1680 (480x640)
何やら動物の足跡のようです。
カモシカでしょうか?

焚火をしながら落ち葉を掃いていて気づきました。
何かいます。

DSC_1691 (640x360)

DSC_1713 (640x360)

恐る恐る近づくと・・・・・
これはカモシカですよね。
足跡の主はこれでした。

ニホンカモシカ 哺乳綱偶蹄目ウシ科カモシカ属に分類される偶蹄類。
DSC_1714 (640x360)
座ってしきりに口をもぐもぐ動かしています。
いっこうに動く気配はありません。

DSC_1717 (640x360)
こちらの気配に気づいた様です。
じっとこちらを見ています。

DSC_1720 (640x360)
少しづつ近づきます。
突進してきても大丈夫なように木の陰に隠れながら一歩ずつ前進。

DSC_1722 (480x640)
これが限界ですね。
ちょっと怖いです。

DSC_1724 (640x480)

DSC_1725 (480x640)

DSC_1726 (640x480)
毛並みがもふもふしていて暖かそうですね。
眼の下から首にかけて毛が白っぽいです。
やんわりとした日差しを浴びながらひなたでお食事中の様でした。

焚火をしながら、焼き芋をして、カップラーメンを食べて、野外食を楽しみました。
自然の中では何を食べても美味しく感じます。
程よいストレス発散が出来ました。

川向こうの土手の木々の枝に動くものを発見。
何匹かサルが木にしがみついています。

カモシカに別れを告げ、帰る途中でも道路わきで数匹のサルの親子に遭遇しました。
写真を撮ろうとしましたが素早く逃げられ残念。

可愛らしい動物たちに出会えてラッキーでした。